結婚相談所比較ガイド  > 特別企画:アラサー独女・夢子の婚活体験談  >  【第6回】アラサー独女・夢子 初デート!!

【第6回】アラサー独女・夢子 初デート!!

「最近の男って、なんだかパッとしないよね~」 「結婚するなら青年実業家か医者かな。公務員でも良いかも~」と、

自分のことを棚に上げて、勘違い発言をしていた私に、「もっと現実を見ろ!」「オマエは夢見る夢子ちゃんか!?」と、即婚友達による、往復ビンタ並みの愛のムチにより、遅ればせながら自分が夢子ちゃんだと自覚。

夢から目覚めるべく、さまざまな婚活に参加するものの、これといった成果が出ずに、迷走の日々を送ることに……。

・年齢:33歳
・独女歴:7年

干物生活5年目の夢見がちな夢子が奮闘する、汗と涙の婚活体験談です。

メッセージの交換

楽天オーネットに入会してから、毎日のように、いろいろな男性とメッセージのやり取りをするようになりました。

合コンで知り合った男性から、「今日は暑かったね~」「今日は疲れた~」などと、他愛もないメールが毎日送られて来たときは、

「そんなこと、わざわざ報告しなくて良いんだけど……」「どんだけヒマなのよ……」と、うんざりしたこともあったので、メッセージのやり取りには少し不安もあったのですが、毎日届くメッセージを楽しみにしている自分に、少し驚きました。

部屋着姿で、自分の好きな時間にメッセージを送ることができるという気軽さが、いままで気合いを入れまくって婚活していた私の気持ちを、少し楽にしてくれたからかもしれません。

そういえば、合コンで出会った男性とは、「せっかく行った合コンで、アドレスを交換したんだから!」と、なんとか婚活の成果を出したいがために、頑張ってメールのやり取りを続けていたような気がします。

同じ婚活といえども、合コンで出会った男性に比べ、結婚相談所の男性は、とにかくまじめで、とにかく結婚に前向き!

婚活パーティーや合コンなどでは、「まぁ……いつかは結婚してみたいなぁ~とは思っているけど……」

「まぁ……結婚できても、できなくても……そんなには……」と、なんだか煮え切らないことを言っている男性ばかりだったので、「積極的に家事や育児に参加できればと思っています」

「子供は2・3人に恵まれると良いなぁと思っています」などと、ちゃんと結婚を前提に話ができる男性が、男らしく感じてしまい、それだけで、もう胸キュン状態に!!

そんな男性とメッセージのやり取りをすることで、自分自身も具体的な結婚生活や、理想の旦那像を真剣に考えられるようになって来ました。

いまになって思えば、私自身も、婚活パーティーに参加していた男性のように、「良い人がいれば、いつかは結婚したいけど……」

「なんか、いまいちピンと来ない感じで……」などと、煮え切らないことを言いながら婚活をしていたことに気が付きました。そりゃ、何回コンパしても、上手く行かないワケだ。

写真交換

掲示板で会話を重ねれば重ねるほど、気になってくるのは相手の容姿。

「性格が良ければ、それで良い!」「外見より中身が大事!」なんて言う人がいるけど、まったく気にならないワケじゃないはず。やっぱり外見だって大事!!

アドバイザーさんも、「容姿や雰囲気が伝わるので、写真はとても大切なんです」「やっぱり、第一印象は重要ですから」ということで、プロフィールに掲載する写真を、楽天オーネット指定の写真スタジオで撮影してもらいました。

髪型やメイク、服装に至るまでアドバイスしてもらい、カジュアル過ぎず堅過ぎずという、雰囲気の良い写真に仕上がったと思います。

私が撮影してもらったように、男性もさまざまなアドバイスを受けて撮影されているせいか、清潔感がある感じの人ばかりで、好印象を抱きました。

もちろん、「あぁ~もうちょっとスリムだったらな~」「濃い顔が好みなんだけどな~」などと思うこともありますが、

不思議と「まずまずだけど、笑顔がステキかも」「とりあえず合ってみようかなぁ」と、自分好みのタイプではない男性にも、以前のように、すぐシャッターを閉めてしまわず、向き合えるようになりました。

プロが撮影した写真、恐るべし!!

いよいよデート!?

「メッセージのやり取りで、相手の何が分かるっていうの?」と思う人もいるかもしれませんが、

「いきなり彼氏気取りで、馴れ馴れしい人」もいれば、「とにかく自分のことばかり話す人」など、数回のやり取りでも、なんとなく相手の「クセ」のようなものは、感じることができました。

そんなやり取りのなかで、自然消滅してしまう男性もいましたが、
積極的にメッセージをくれていた男性と、思い切って、一度会ってみることにしました。

土曜のお昼過ぎ、緊張しながら待ち合わせ場所に行くと、「あぁ!どうも!!」と、気さくにあいさつされました。前もって仕事や趣味の話をしていたせいか、初対面とは思えないほど親近感が湧き、自分でも驚くほど、どんどん会話ができました。

こうやって実際に会ってみて思ったのは、「ホントに普通の男性」だということです。

オシャレなカフェでお茶をしながら、話を会わせてくれたり、聞き役になってくれたり、冗談も飛び出したり……、むしろ、普通より良い人かも。ルックスも悪くないし……。

こんなことを言うのは失礼ですが、じつは、心のどこかで、「結婚相談所に入会している男性」=「モテない男」=「なにか問題があるはず」と、会員男性には、それほど期待をしていませんでした。

しかし、実際に会ってみると、「いままで、仕事が忙しくって……」
「職場は男ばかりだし……」と本人が言うように、本当に「仕事が忙しい」という理由だけで婚期を逃していた「普通の男性」が、結婚相談所に入会していることを実感しました。

「結婚相談所に入会している男性」=「普通の男性」=「前向きに婚活に取り組んでいる」と分かったことが嬉しくて、「自分も前向きに頑張ろう!」と勇気が湧いてきました。

そんなこともあり、いままでの合コンでは「顔がいまいち好みじゃないなぁ……」「自営業は、将来が心配だなぁ……」などと、男性の悪いところばかりに目がいっていましたが、

「ちゃんと将来のことを考えてるんだなぁ~」「さっきから話を盛り上げようとしてくれてる!」と、男性の良いところを、どんどん発見できるようになっていました。

「結婚相談所に入会して良かった!」「勇気を出して、男性と会ってみて本当に良かった!」と思いました。

心境の変化

私からアプローチをした男性からメッセージが突然来なくなったり、写真を交換したら返事が素っ気なくなってしまったり、などということもあり、

「婚活が順調に進んでいる!」と言うわけではないのですが、相手の良いところを見つけることができるようになったり、結婚後の自分を想像することができるようになったりと、なんだか、「結婚へと近づいて行っている」ような感覚があります。

男性の結婚に対する真摯な態度が、私をそうさせたのかもしれません。人生に前向きで、真剣にパートナーを探している男性を前にすると、「高収入で~」「イケメンで~」と、言っていた自分が恥ずかしくなるほどです。

人から見れば、わずかな心境の変化ですが、「婚活」という出口のないトンネルの中をさまよっているのではなく、「良い人生を生きるためには」という考えになったことで、自分の選ぶべき道が見えて来たような手ごたえを感じました。

そのわずかな手ごたえを、夢で終わらせないよう胸に秘め、夢子の婚活は続くのであった。