結婚相談所比較ガイド  > 婚活お役立ち情報  >  アラサーが婚活を成功させる否決

アラサーが婚活を成功させる否決

アラサーの婚活事情について

現在において、アラサーでの婚活は決して遅くはありません。結婚相談所の年齢層を見ると、30代が最も多いのです。

昔であれば女性の結婚適齢期は20代、男性は何歳でもOKと言われてきましたが、現在は男女ともに20代後半~30代で婚活する方が多いのです。

しかし、婚活する方がすべて結婚できるわけではありません。アラサーとは一般的に25歳~34歳の方を指しています。

アラサー婚活は非常に多いですが、同じアラサーでも25歳と34歳では状況は随分と変わってきます。まだ20代であれば、婚活市場における需要は高いです。

しかし、30代になった途端にアプローチを受ける機会は激減するものです。婚活パーティーの常連さんを見ていると、年齢が上の方が多いのです。

成婚率を高めるコツは、自分の価値が高いうちに相手を見つけることなのです。相手から声がかからなくなったら、自分の魅力度が低下していると考えていいでしょう。

「人間は内面が大切」とは言っても、ほとんどの方は外見やスペックで相手を判断します。特に外見が相手に与える印象は絶大なのです。

女性の場合は、1歳の違いが非常に大きくなります。将来的に結婚したいなら、今すぐアクションを起こすべきです。

「来年でも大丈夫」と考えていると、確実にチャンスを減らすことになります。周りからのアプローチが減ってきたら、相手への希望条件を下げるしかありません。

自分が妥協することで、相手からも妥協してもらう婚活方法が効果的です。最近は婚活ビジネスが活性化しており、結婚相談所、婚活サイト、ネット婚活などの方法で婚活ができる時代です。

ブライダルネットといった低料金の婚活サービスもあり、アラサー独女、バツイチ女性の利用者も多いです。婚活男女がやるべきことは、とにかく異性と会ってみることです。

「理想の相手が見つかったら会いたい」と言われる方は多いですが、理想の相手に巡り会える確率は極めて低いものです。

ある程度相性が合うと感じたら、積極的に会ってみることが大切なのです。
相手と会うことなく、状況が進展することはありません。

婚活を成功させるのは自分の心次第

アラサーの婚活は、まだまだ可能性があります。しかし、マイペースで活動するという考えは捨てたほうがいいでしょう。

出会いのチャンスというのは、そう頻繁に訪れるものではありません。「好きな異性を見つけてから付き合う」のではなく、「気になる人がいたら、とりあえず付き合ってみる」という発想が大切なのです。

付き合っているうちに、情が湧いて好きになることは多いのです。婚活市場で最も人気が高いのは、20代前半となっています。

会員は30代が多いですが、人気があるのは男性・女性を問わずに20代なのです。アラサーに達している方は、婚活を先延ばしするのは止めましょう。

年を重ねるたびに、チャンスが減っていくことはすでに実感しているはずです。今が最大のチャンスと認識して、活動を始めてください。

婚活体験をした婚活女子は、アラサーになると年齢に比例して、アプローチが減ると答えています。

「25歳のころは年5人から声をかけられたけど、26歳になったら2人になり、27歳からはまったく声がかからない」といった話も聞かれています。

女性の場合、若いころは何もしなくても男性が寄ってくるものです。そこで、「自分はモテる」と錯覚してしまうのですが、モテ期がいつまでも続くと考えてはいけません。

まだモテているうちに婚活している方が、結局は成功しているのです。「理想の相手がそのうち見つかる」という発想は20代前半までに捨てて、アラサー世代からは「受け身ではなく自分から積極的に出会いを求めていく。」という発想に変える必要があります。

受身になっていてアプローチがないなら、自分から攻めていくしかありません。自分よりも少し年上の相手をターゲットにすれば、うまくいく可能性が高いです。

自分の年齢にコンプレックスを抱いている方は、相手へのハードルを下げてくれるものです。こちらが妥協することで、相手に妥協させることができるわけです。

相手にアプローチする際の注意点

昔の男性は、結婚したら女性は専業主婦になって欲しいと考えていましたが、今は状況が変わりつつあります。

医師や弁護士といった高額年収の方すら、結婚相手に対して経済力を求めるようになってきたのです。婚活サイト会員の思考を見ても、昔よりも堅実派な方が増えてきています。

男性が結婚相手を探すとき、「自分が病気をしても、しばらく養ってくれること」という条件を掲げる方も多いのです。

病気や怪我は予測できず、急に収入が途絶える可能性もあるでしょう。そうしたリスクを考慮し、相手にもある程度の経済力を求めるわけです。

アラサーの婚活では、高収入の相手へのアプローチに気を配りましょう。高年収の方ほど、「お金目的ではない女性」を見極めるからです。

お金持ちの男性は、お金を持っているだけで異性が寄ってくることを知っています。異性へのガードも硬くなるため、恋愛に持ち込むのすら大変なのです。

こうした方と接するときは、年収のことにはあまり触れず、自然体で接するように心がけてみましょう。「お金目的ではない」と思わせることが大切なのです。

相手の財布ばかり当てにするのではなく、たまには自分が支払いをする姿勢を見せる必要もあるでしょう。アラサー年代の方は、異性に遊ばれやすい点にも注意しましょう。

「相手は結婚を意識していないだろうから、気楽に遊べて都合がいい」などと思われているかもしれません。自分では結婚したいと思っているのに、周りからは「結婚する気がない」と思われているかもしれません。

結婚相談所や婚活サイトを利用するメリットは、結婚目的の相手と出会えることにあります。20代のうちなら、遊び目的の相手と付き合ってみるのもありでしょう。

しかし、アラサー年代になったら、本気度の高い相手以外とは付き合わないほうが無難でしょう。結婚する気のない相手と何年付き合っても、成婚に至ることはありません。

みんなの婚活お役立ち情報一覧に戻る

ツヴァイ(ZWEI)の口コミ、評判、体験談はこちら

オーネットの口コミ、評判、 体験談はこちら

パートナーエージェントの口コミ、評判、体験談はこちら