結婚相談所比較ガイド  > 婚活お役立ち情報  >  アラフォーが婚活を成功させる否決

アラフォーが婚活を成功させる否決

アラフォー婚活の現状とは

アラフォーでの婚活は、かなり厳しいのが現状です。結婚相談所の利用者の多くは、子どもが欲しいと思っています。

なぜ婚活市場において、20代~30代前半の需要が高いかというと、出産におけるリスクが小さいからです。

高齢出産のリスクを回避するためにも、若くして結婚したいと考える方が多いわけです。

結婚における男性と女性の年齢差は、5歳程度が好ましいと言われています。

男性が30歳ならば、女性は25歳くらいがマッチするわけです。

あまりに年齢が離れすぎると、会話も噛み合わなくなってきます。

また、アラフォーで婚活する方は、「自分はまだ若い」と心のどこかで思っていることが多いのです。

これも成婚率を低くしてしまう理由なのです。

一般的にアラフォーという言葉を使うときは、女性をターゲットにしています。40代の女性と認識している方も多いですが、実際には35歳~44歳くらいの女性を指しています。

30代後半という年齢は、婚活市場においてはかなりの高齢となります。まだまだ妊娠の可能性はありますが、子育てする期間も考慮する必要があります。

40歳で出産して子どもが5歳になるとき、自分は45歳になります。出産だけでなく、子育て終了までの人生プランを考えて婚活する必要があるでしょう。

いずれにしても、異性に対して高いハードルを掲げるのはいけません。わがままが通用するのは、男女ともに20代までです。

高スペックを自負する方なら、30代前半くらいまでは高い市場価値があります。しかし、30代後半になると状況は非常に厳しくなってきます。

そこには、相手に高ハードルを設定していることも関係しています。高いスペックの相手と結婚したいと望むのは誰でも同じでしょう。

しかし、相手に若さを求める場合、自分も若い必要があるのです。婚活市場においても、分相応の法則があります。

自分は容姿に自信がないのに、異性に容姿端麗を求めても、相手は見つかりにくいのです。自分に自信がない方に寄ってくる相手というのは、同じく「自分に自信がない」と考えている人なのです。

アラフォー婚活では、自分の市場価値を把握し、相手へのハードルを下げることがポイントとなります。妥協をすれば、まだまだ結婚できる確率は高い年代なのです。

相手を受け入れる余裕を持とう

アラフォーでの婚活は決して楽ではありませんが、相手を受け入れる懐の広さがあれば、寄ってくる異性は少なくありません。

基本的に男性の多くはS体質を持っていて、女性をリードしたいと考えていますが、最近は草食系の男子も増えてきています。

年上に魅力を感じる方も多く、芸能界を見ても女性が随分と年上というケースも珍しくありません。

男性はどこか母親に似た女性に憧れると言われています。

容姿においては若いほど優れているでしょうが、居心地のよさを考えると「年上がいい」と答える方が多いのです。

アラフォーの婚活スタイルは、相手を受け入れることです。最近はネット婚活を利用した婚活方法も増えてきています。

それにより、さまざまな年齢層の異性と出会うチャンスを得られるのです。婚活作戦で効果的なのは、「相手に対するハードルを下げてアプローチを受ける」「自分からハードルの高くない相手にアプローチする」ことです。

これらを意識して婚活すれば、手応えを実感できるはずです。婚活市場において、自分の需要は確実にあります。

結婚に至らない理由の第一位は、相手に高望みすることです。芸能人よりも幼なじみと結婚するほうが、ずっとハードルは低いでしょう。

自分自身で無理なハードルを設定し、婚活を不利にしている方は多いのです。自分の価値に見合った相手を探せば、何歳になってもチャンスはあります。

アラフォー婚活者の婚活ブログを読んで勉強するのもいいことです。何もせずに結婚相手が現れることはありません。

婚活パーティー、婚活バー、見合いをするなど、何らかのアクションを起こすことが大切です。異性に対して苦手意識があるなら、恋活から始めてみるのもいいでしょう。

異性と付き合うときは、極力自然体になるように意識しましょう。逆にいえば、自然体になれる相手とは相性がいいのです。

一緒にいると身構えてしまう相手には、心を許せていないのでしょう。

結婚相談所の婚活面談を受けよう

婚活方法にはネット婚活という手段もありますが、アラフォーの方には結婚相談所をおすすめします。

料金の安さよりも、サービスの質にこだわるべきです。

結婚相談所の婚活面談を受ければ、結婚できない理由がわかってきます。

その理由の90%以上は、自分に原因があるものです。

相手や運のせいにしている以上、今後の人生もいいパートナーは見つからないでしょう。

「何もしなくても、誰か声をかけてくれる」という考えが通用するのは、20代の後半くらいまでです。

「30歳になったとたん、嘘のように声がかからなくなった」という方は多いのです。自分の年齢に比例して、相手への条件は甘くしていく必要があります。

アラフォーの婚活は、自己流の方法ではまず成功しません。今まで恋愛経験が豊富にあり、現在においても異性から頻繁に声をかけられているとしても、恋愛から話が進まないようであれば成婚に至る可能性は低いでしょう。

年上が好きだという男性は多いですが、結婚となると年下や同年代がいいと答えることが多いのです。「恋愛したいだけで、結婚する気がない」という異性と付き合っていても時間がもったいないだけです。

30代も後半になると、恋愛の延長線に結婚が待っているとは思わないほうがいいでしょう。相手に遊ばれて終わりという話は実に多いのです。

自己流の方法で活動するのは辞めて、結婚相談所を利用するべきでしょう。物事がうまくいかない方ほど、素直になる必要があります。

婚活コンサルタントも「頑固な方ほど成功しにくい」と断言しています。そもそも、自己流の方法で成功できるなら、すでに結婚できているはずなのです。

失敗が多い方ほど、素直にアドバイスを聞く姿勢を持つことです。

みんなの婚活お役立ち情報一覧に戻る

ツヴァイ(ZWEI)の口コミ、評判、体験談はこちら

楽天オーネットの口コミ、評判、 体験談はこちら

パートナーエージェントの口コミ、評判、体験談はこちら