結婚相談所比較ガイド  > 婚活お役立ち情報  >  婚活がうまく進む人の特徴とは

婚活がうまく進む人の特徴とは

婚活にも上手・下手がある

婚活には上手・下手があるのです。うまく進む人を見ていると、「本気で結婚したい」という明確な意思があるのです。

漠然と「友達が結婚したから」と考えている方は、行動も鈍くなってしまうものです。

男性・女性を問わず、婚活をするのにベストな年代は20代です。結婚したいと思っても、すぐに成功するわけではありません。

活動期間も考慮すると、20代のうちに活動しておくのが好ましいのです。特に女性の場合は、年齢が若いほど男性から声をかけられやすいです。

日本の男性は、世界でも珍しいほど若い女性を好むのです。容姿を第一に考える方が多いのも理由ですが、子づくりをするので必然的に若い女性を求めてしまうのです。

これは動物的な本能によるもので、同スペックの20代と30代の女性がいれば、ほとんどの男性は20代を選択します。

恋人を探すための恋活では、熟女が好きな方も多く活動しています。若い女性にはない気配り、上品さなどに魅力を感じるのでしょう。しかし、熟女が好きだと言っている男性も、結婚となると若い女性を求めてしまうのです。

そして、これは女性に対しても言えることです。女性は男性の年齢は気にしないというのは、10年以上前の話です。

20代前半の女性の相手なら、20代後半くらいの男性がマッチします。10歳の差となると、さすがに抵抗を覚える方が多いです。

自分が若いほど周りから声をかけられやすく、婚活は成功しやすいのです。

婚活の体験談では、29歳までは男性から頻繁に声をかけられていたのに、30歳になったら急に誘われなくなった女性の話が紹介されています。

たった1歳の違いがとてつもなく大きいわけです。女性は20代後半まで、そして男性は30代前半までに結婚するのが好ましいでしょう。

この年代を超えた場合は、アプローチを受ける確率が低くなってきますので、異性に対する条件を低くして対処します。30代になっても、20代の気持ちのまま活動していてもうまくいきません。

実際に会えば気が変わることが多い

出会いが多い人は、多くの相手と会っているのが特徴です。

出会いの少ない人ほど、いろいろと理由をつけて相手と会わないのです。

データマッチングの相性が悪いとか、もっといい人がいるとか理由をつけますが、これではチャンスを逃してしまうだけです。

相手と実際に会うことで、考えが変わることは少なくありません。

恋活パーティー、見合いパーティー、アウトドア婚活、限定婚活パーティーなどの婚活イベントには積極的に参加しましょう。

落ち着いて話せるイベントを見つけて参加することです。緊張している状態では、異性に声などかけられないでしょう。

相手の人間性が最もよくわかるのは話したときなのです。結婚経験のない方ほど、相手をデータで評価する傾向がありますが、婚活サイトのアドバイザーも「とにかく会ってみることが大切」と断言します。

データだけで選ぶ人というのは、相手の表面しか見ていません。内面を見ることがないので、騙されやすいのです。

結婚をして数ヵ月後に「こんなはずじゃなかった」という方は、データだけで相手を選んでいたのかもしれません。

コミュニケーションスキルは、場数を踏むことでしか磨かれません。恋愛系の本を読みあさっても、実践がなければ上達しないのです。

会話が苦手という方を見ていると、会話を避けてきたケースが多いのです。こうした方は真面目ですが、冗談やユーモアを言うほどの余裕がありません。

笑顔を作ったり、笑ったりすることに慣れていないのです。無理に笑おうとすると、笑うべき場所でないところで笑ってしまい、相手を怒らせてしまうこともあります。

コミュニケーションスキルを磨くためには、ある程度の失敗は仕方ありません。失敗を恐れずに、街コン、パーティーなどに参加してみましょう。

大人数制の会場で緊張するなら、少人数パーティーから始めてもいいのです。結婚相談所や婚活サイトでは、趣味を通じたイベントを開催しているところもあります。

参加者は共通の趣味を有しているので、打ち解けるのも早いのです。会話は苦手でも、自分の好きなことなら何時間でも話せるという方は多いでしょう。

気持ちの切り替えは早いほうが有利

婚活がうまく進む人は、気持ちの切り替えが早いです。

真剣婚活をして失敗すると、落ち込んでしまうのはみな一緒です。

こんなとき、素早く気持ちを切り替えられるかどうかが重要なのです。こうした男女に共通するのは、頭で考えすぎる傾向があることです。

しかし、考えているつもりでも、実際はできない理由を探しているだけだったりします失敗する理由を事前に用意して、自分に言い訳しているのです。

気持ちのリセットができない方は、部屋が散らかっていることが多いです。考えてもムダなことに思考を巡らす傾向があり、恋をして破局するとすぐには立ち直れません。

婚活疲れになりやすい方も、同じような特徴があります。婚活をして失敗したときは、なぜ失敗したのか考えましょう。

婚活アドバイザーに相談すれば、あなたの欠点を指摘してくれます。きつい言葉ほど、教訓になるものなのです。

解決策が見つかったら、失敗したことは頭から消してしまいましょう。あれこれと考えているときは、考えているのではなく、悩んでいるだけなのです。

悩んでも気持ちが落ち込むだけで、デメリットしかありません。落ち込んでいる時間があるなら、婚活パーティーの予約を取るなど、やるべきことをしっかり行いましょう

やるべきことから逃げているから、なおさら不安になるのです。ただし、どうしても乗り気でないときは、婚活を休むことも大切です。

無理をして続けても、うつ状態になってしまう可能性があります。乗り気でないときは、休んだほうがいいという合図なのです。

「笑顔がぎこちない」「誰かの冗談に対して笑えなくなった」という場合は、メンタルが弱っています。しばらく休止してリフレッシュしてから婚活を再開させましょう。

みんなの婚活お役立ち情報一覧に戻る

ツヴァイ(ZWEI)の口コミ、評判、体験談はこちら

楽天オーネットの口コミ、評判、 体験談はこちら

パートナーエージェントの口コミ、評判、体験談はこちら