結婚相談所比較ガイド  > オーネット徹底活用 みんなの疑問にお答えします。  >  結局、オーネットっていくらかかるの?

結局、オーネットっていくらかかるの?

料金体系が分かりにくい!?

結婚相談所の公式サイトを見ていると「スマホ料金の明細書?」と思うくらいの項目の多さ。

自分に必要なプランって?自分に必要なオプションってなんなのか?

公式サイトを読んでも、結局分からないままなんですよね。

アドバイザーに聞こうにも、場合によってはオプションサービスをあれもこれも勧められて、断り方を探す始末。

せっかく婚活をする気で入会を検討しているのに、これじゃあオーネットを信用できませんし、気持ちが萎えてしまいます。

そんな悩みは、元結婚アドバイザーとして身に染みてわかります。支社の成績とお客様個人の幸せどちらを優先すべきなのかは、悩ましい課題だからです。

オーネット入会時の初期費用

オーネットに入会を申し込み、契約を結んだ際には「入会時に発生する初期費用+オプション」の料金が発生します。

初期費用に関しては

  • 入会金 106,000円+税
  • 月会費 13,900円+税

となっており、初月にかかるトータルの費用は「145,900円+税」。料金は男女共通です。

「20代~30代女性限定」のお得プランがあります

女性の場合はオーネットのアドバイザーから「イープラン」という安いコースプランを提示されるケースがあります。

20代限定という触れ込みではありますが、アドバイザーの裁量次第で30代女性でも入会できます。

紹介人数や初期費用が安いなどの変更点があります。

オーネットって結局安いの?高いの?

オーネットやツヴァイなどの大手結婚相談所の場合、1年間の活動費用はおよそ30万円です。

オーネットプレミアムコースに1年間在籍すると「272,800円+税」かかり、オプションやデートの費用を入れると最低でも30万円は見ておくべきです。

1年間で「30万円弱」という金額は結婚相談所の相場ですので、特別高いということはありません。

むしろオーネットの一年間でかかる金額は、結婚相談所の相場より2~4万円ほど安く設定されています。

安いからといって質が悪いわけではなく、会員数が多いために安く提供できているのが現状です。

若い会員の比率が高いということからも、人に勧めやすい結婚相談所です。

場合によっては浮いたお金で

  • オーネットパス
  • オープンテラス
  • ゴルフやパーティーイベント

などのオプションに投資することをお勧めします。

オーネットの提供する「顔写真なしのデータマッチングによる紹介」から、さらに出会いの幅を広げることができるからです。

趣味イベントでの出会いや、顔をみて雰囲気で相手に面会を申し込んだり。まさに、良質な出会いや縁を「お金で買う」ことができます。

入会を検討している人にとって「入会金と月会費の高さ」は懸念事項ですよね。

私が結婚相談所で働いていたときも「正直にいって、料金が気になって・・・」と迷われるお客様が多いものでした。

単発で数千円の婚活パーティーに参加される方も多数いらっしゃいましたが、結局は「真剣に結婚を考えられる相手がいませんでした」と入会されるケースがほとんどでした。

オーネットをはじめ、初期費用が10万円を超える婚活サービスの場合は軽い気持ちで参加する男性はいません。

入会資格として

  • 独身であること=独身証明書を提出すること
  • 収入証明書を提出すること
  • 年齢確認や出身大学・勤務先の確認

が必要になることも、サクラはもちろん「出会い」のみを求める会員を遠ざける要因になります。

最初から全員が「結婚対象」として選別されているわけです。結婚相談所の強みは、スタートダッシュの精度がきわめて高いことであると言えます。

オーネットで成婚した際に追加料金はかかる?休会費用は?

ツヴァイとオーネットに関しては、成婚料は不要です。

半年で成婚される会員様もいらっしゃるので、積極的に動ける人にとってオーネットとツヴァイは必須の選択肢になるでしょう。

他に有名な結婚相談所の「サンマリエ」や「パートナーエージェント」では50,000円+税となっており、オーネットで活動するよりも割高です。

とはいえ密なサポートが受けられるので、オーネットやツヴァイの自由な婚活サービスが性に合わない方は最初からサポート体制のしっかりしている結婚相談所をお勧めします。

休会に関しては月々500円(+税)となっており、非常に緩急をつけやすいシステムといえます。

1月ごとに休会申請が必要になるので、オーネット会員同士で付き合っている場合は「毎月一緒に休会届けを出す」というのが恒例行事にもなっているようです。

中途解約はできる?

レアケースですが、担当者が強引だった場合など「やっぱりオーネットを解約したい・・・」という判断になった場合、

入会契約から8日以内ならば「クーリング・オフ」が適用可能できます。万が一「違った!」という場合には、申請すれば全額返金対応されます。

マイナーな結婚相談所ならまだしも楽天が運営するサービスですから、規約にも明記されている「クーリング・オフによる返金」に関しては全く問題なく処理が行われます。

9日目以降に退会する場合には、入会金である106,000円の中から一部返還という形になります。

携帯電話によくある「違約金として1万円かかります」というようなシステムはオーネットにはありません。

オーネットへの入会をお勧めできる人

結婚相談員を務めていた私の個人的な話で恐縮ですが、とあるクライアントさんが結婚相談所を掛け持ちしていらっしゃいました。

40代で個人事業主の男性でした。 彼は悩むことなくオーネットを含む大手2社同時に掛け持ちで入会し、婚活をしていました。

当然、費用も2倍かかります。

当初は「随分大胆な決断をされたな」と思ったものですが、半年ほどでパートナーをみつけられ、あれよあれよといううちに成婚退会されました。

彼の人生から考えれば、半年間の婚活費用はたいへん有意義なものとなったことでしょう。

さて、あなたの婚活は「投資する対象」がはっきりしているでしょうか?

オーネットに関わらず、有意義に婚活を終えるためには「投資基準」が必要です。

お金を使うべきところに使い、使うべきではないお金は使わないことが重要になります。

オーネットで理想の相手と成婚するための投資基準

オーネットを絶対に勧めたい相手は、以下の2つの条件です。

  • 現在、新たな異性との出会いに恵まれていない人
  • 短期決戦で「半年〜1年間」集中して婚活できる人

入会3ヶ月後から6か月目までのプロフィールが掲載される「イントロG」。この「イントロGバブル」がオーネットの強み。

年収や学歴・年齢だけではなく、「趣味」「好きなモノ」などのプロフィールが会員誌に掲載されます。

この3か月間はいろんな人とやりとりをして疲れることもありますが、一生を決める半年間です。

この「モテ期」はオーネットの最大の強みになります。

現在出会いが少ないなら、オーネットの圧倒的な出会いの多さを利用すればまさに「あっという間」に理想のパートナーとの成婚に近づきます。

【警告!】既に出会いが多い人にとってはオーネットの料金は割高です

 

反対に、既に出会いが多い人にとってはオーネットへの入会は勧めません。 オーネットの強みは「豊富な会員数」です。

初めての結婚相談所としてオーネットを選ぶ方が多いのですが、オーネットに10万円以上お金を払ったからといって「必ず条件のいい相手と結婚できる」わけではないからです。

オーネットの会員数は業界最大ですが、認知度が高いゆえに「だいぶ条件が上の人と結婚したい」というマイペースな人も多いのが事実です。

現役の相談員だった頃は、お客様に向かって「やめておいた方がいいですよ」なんて到底言えませんでしたが、今はこうしてネットを通じて「利用しない方がいいですよ」とお伝えすることができます。

「登録することで思わぬ出会いがあった!」「あの時背中を押してもらって本当によかったです!」という声も多いオーネットですが、ぜひ上に挙げた基準を考慮して決断してください。

まとめ

  • オーネットは大手結婚相談所と比較しても2~4万円ほど安く、会員数が豊富。
  • 積極的な出会いを求める方の多くは、オーネットで「3ヶ月~半年」で成婚に至っている。
  • 既に異性との出会いが多くある人にとってはオーネットよりもサポートが整った結婚相談所がおすすめ

オーネットは会員数に地域差があるので、入会前にデータマッチングシステムの無料体験をお勧めしています。

楽天オーネットのデータ

楽天オーネット
オススメ度 ★★★★★ 楽天オーネットへまずは資

料請求(無料)