結婚相談所比較ガイド  > 特別企画:みんなの婚活体験談  >  SE(システムエンジニア)の婚活事情・・【体験談】

SE(システムエンジニア)の婚活事情・・【体験談】

SE(システムエンジニア)と呼ばれるひと達は、ITやコンピュータ関連のシステム開発をする仕事として、理工系卒のひと達を中心に人気の高い職業となっています。

SEと耳にするだけで、「時代の最先端で働いている男性」と憧れる女性も多く、合コンでもモテモテの職業と言われていますが、結婚や婚活の実情は意外と厳しいようです。

このページでは、SEとして活躍している30歳男性の体験談をご紹介していきます。

【体験者の情報】

  • 名前:青木田 陵介(仮名)
  • 性別:男性
  • 年齢:30歳
  • 職業:SE(システムエンジニア)
  • 年収:550万円
  • 婚姻歴:なし
  • 婚活方法:合コン、街コン、お見合いパーティー
  • 利用した結婚相談所名:なし
  • 婚活期間:4年

SEの厳しい婚活事情・・

今回お話をうかがったのは、近畿地方にお住まいという青木田陵介(仮名)さん、30歳。

理工系の大学を出てから大手企業で働いていらっしゃる青木田さんは、SE(システムエンジニア)という職業がよく似合う知的な雰囲気の男性です。

合コンでもモテるという青木田さんですが、未だに結婚されていない理由は、SEという特殊な職業が関係しているのだとか・・。

ここでは青木田さんのお話を聞きながら、SEとして働く男性の婚活や苦悩を体験談という形でご紹介していきます。

SE(システムエンジニア)という響きに憧れる人も多いです・・

― 青木田さんがSEになった経緯を教えてください

私は高校時代から理系の大学に行こうと決めていて、情報システム工学を専攻していたんですよね。 昔は「情報」とか「システム」という分野に、特別な感覚を持っていなかったのですが・・・。

就職活動をする時に、自分の学科からSEになった先輩が多いことに気付き、その職業名の響きと、コンピュータとかIT関連で働けることが時代のトレンドになるような感覚に陥ったのです。

そんなことを思ってからの私は、SE(システムエンジニア)という職種だけをチェックして、いろんな会社の説明会に参加しました。

最初はSEが何をする仕事なのか理解できなかった私も、採用試験を受ける頃には、「システム開発に携われるなんて、遣り甲斐のありそうな職種だな・・」と思えるようになったのです。 そんな私は近畿エリアでも知名度の高い会社との縁があり、無事SEとして配属されることになりました。

― 実際にSE(システムエンジニア)になった感想は?

大手企業だったので、配属と同時に名刺をもらうことができて・・。そこには、「SE(システムエンジニア)」と書かれていたんです。 この会社は結構人気が高いので、そんなところに入社したのと、憧れの職業に就けた自分に満足していました。

― では、充実した毎日を過ごされていたのですね?

そうですね。 最初のうちは、プログラマーとしての作業が多かったのですが、学生時代からプログラミングが得意だったので、デスクやパソコンに向かい続ける毎日も苦にならなかったです。

OJTでは、ベテランの先輩と一緒にシステム開発全般のことを学んだりして・・。 覚えることもたくさんありましたが、楽しく働いていました。

そんなSEにも問題が・・

― 仕事をしていく上で、問題点などはなかったのですか?

ありました。(笑)一見ホワイトカラーに見えるSEですが、実際は、結構ドロドロした業界でして・・。

深夜残業や長時間労働は当たり前ですし、そんなに待遇の良い職種ではなかったのです。

一応大手企業で働いていますので、他の会社と比較すると、月給や年収は良かったです。

でも長すぎる勤務時間とか、有休の取得できない環境に馴染めず、鬱病になって退職しちゃう同期もいたんですよ。

私は体育会系気質だったので、心身ともにタフでした。 でも「ゆとり世代」なんて言葉もあるように、厳しさを知らない環境で育ってきた人達にとっては、キツい職場と感じられたことでしょう。

それでもモテるSE(システムエンジニア)・・

― そんな実情があったら、女性からモテなくなっちゃいますよね?

いいえ。 多くの女性は、そんな過酷な労働条件だと気付いてないので・・。 女性でSEという職業を好まないとしたら、自分自身が従事したことがあるか、彼氏や旦那さんがSEだった経験があるひと達ぐらいでしょう。

女性の多くは、年収やネームバリュー重視で交際相手や結婚相手を探していますし・・。 合コンなどの出会いの場では、労働環境の話なんてしないので、結構私もモテていたんですよ。

SEは女性に不自由しないの・・?

― それでは、いろんな女性と交際されてきたんですね・・

そうですね。 合コンで「SEです!」と言っただけで、人気者という状態の時期もありました。 なので20代前半は、結構多くの女性から告白されて、お付き合いをしていたんです。

― でも、未だに・・ご結婚されていないですよね?

そうなんです。(笑)繁忙期は、毎日深夜残業・毎週休日出勤というのも当たり前の業界なので、そういう仕事の特徴を理解できない女性は、「私と仕事、どっちが大事なの?」という感じでヒステリックになっちゃうんです。

その結果、お別れすることばかりで・・。 でも忙しいと、そんなフォローもできませんし・・。 実際彼女達の相手をする余裕がないわけですから、引き留めることも難しいですよね。

「SE(システムエンジニア)は離婚率が高い・・」というのも、そういう男女の心理の差とか、私達の労働環境が大きく影響しているのだと思います。

SE(システムエンジニア)だって、結婚したい・・

― 青木田さんも、結婚願望はあるのですよね?

そりゃ、ありますよ。 これだけハードな仕事をしていると、単純に「女性と付き合いたい・・」というのではなく、「こんな自分を支えてくれる人に出逢いたい・・」と思うようになるのです。

それは、家事とか生活という断片的なことではなくて・・。 「こんな労働環境で働く自分を、心身ともに支えてくれる女性に出逢いたい・・」と感じるようになるのでしょうね。

― 社内恋愛という選択肢も、婚活に繋がるのでは?

ウチの部署には、女子社員がたった2人しかいなくて・・。 そんな彼女達には結婚前提で交際している彼氏がいて、もちろんSEではない職業のひと達です。

やっぱり女性もSEの実情を知ってしまうと、健康面の心配などを含めて、自分と同じSE男性と交際したいとは思えないのかもしれません。

なので、社内恋愛というのは、現状であり得ない選択肢ですね。

― では、婚活はされていないんですか?

してますよ。 最近同じ部署の先輩が2人離婚しているので、「自分はあんなふうになりたくないなぁ・・」と思いつつ、そんな私の仕事への理解をしてくれる、心の器の大きな女性を探している最中です。

自分がSEということで、よく合コンメンバーとして呼ばれますし・・。(人数合わせで。(笑))昨年から親友が婚活パーティーに興味を持ち始めたので、そういう場所に行って女性と出逢うようにしています。

何も行動しなければ、女性と知り合う機会もありませんので・・。 とりあえず婚活イベントや合コンに参加しながら、女友達を増やしている感じです。

― 結婚相談所への登録はしていませんか?

あぁ、まだそこまで切羽詰まっていないので・・。 そういうところに入会や登録すれば、自分のプロフィール情報だけでも、多くの女性が集まってくる気もするんですよね。

でも今は、合コンなどのリアルな出逢いだけでも、十分という感じですし。 結婚相談所とか恋愛マッチングサイトなどは、登録料金や費用もかかってしまいますよね。

今はとりあえず、女性を見る目を養っている段階なので・・。 切羽詰まったら、有料サービスを利用して、紹介とかをしてもらいたいですね・・。

― 大変そうですが、頑張ってください。

はい。 職業柄、結婚が難しいシステムエンジニアではありますが・・。 自分自身は結構長く交際できる性格なので、良きパートナー探しに時間をかけようと思っています。

最近は晩婚化が進んでいる時代ですので、まだ焦っていませんよ。 これからも、仕事も婚活も、頑張っていきたいです。

結婚相談所・結婚紹介サービス比較ガイド

当サイト人気No.1! 業界一の上場企業

ツヴァイ ツヴァイ(ZWEI) オススメ度 ★★★★★

ツヴァイ

ツヴァイのプラン詳細情報を見る まずは資料請求(無料)

⇒ツヴァイ (ZWEI)の口コミ、評判、体験談はこちら

会員数が業界最大の結婚相談所

楽天オーネット 楽天オーネット オススメ度 ★★★★★

楽天オーネット


楽天オーネットのプラン詳細情報を見る 楽天オーネットへまずは資料請求(無料)

⇒楽天オーネットの口コミ、評判、体験談はこちら

専任のコンシェルジュがしっかりサポート1:1の担当制です。

●多忙な自分の代わりに相手を選んでおいてほしい
●お付き合いが苦手、奥手 こんな方におすすめしたいです。

パートナーエージェント パートナーエージェント オススメ度 ★★★★

パートナーエージェント

ブライダルネットのプラン詳細情報を見る まずは資料請求(無料)

⇒パートナーエージェントの口コミ、評判、体験談はこちら