結婚相談所比較ガイド  > アラフォー男の婚活体験談  >  【第4回】アラフォー草食男子・草雄 結婚相談所に入会!?

【第4回】アラフォー草食男子・草雄 結婚相談所に入会!?

友達の紹介で付き合い始めた彼女から、 「どうせまた仕事でしょ?」と、3カ月もしない間に愛想をつかされ、それから彼女いない歴11年。

仕事が忙しく、飲み会を断っているうちに、男友達からも声が掛からなくなってしまい、休日は家でゴロゴロしているだけの日々。

毎日サービス残業なので、休日ぐらいは1日中家で寝ていたいだけなのに、 「2次元好きなオタク?」 「こいつ、草食系だからなぁ……」と勝手に、草食系のアニメオタクにされてしまったボク。

そんなこともあり、いつからか「草雄」と呼ばれ始めたアラフォー草食系男子が、彼女ゲットに向けて、今回も婚活に奮闘します。

資料請求

先日、仕事から帰って来ると、資料請求しておいた結婚相談所の「オーネット」から、封筒が届いていました。

さっそく資料を見てみると、入会するためには、1度近くの支店に行って、話をしてからでないとダメとのことでした。 行ったことのなりお店に入るのにも緊張してしまうボクが、いきなり結婚相談所に話を聞きに行くなんて……。

考えただけでも気が重くなり、資料を読むのを止めてしまいました。

相変わらず連日残業続きで、結婚相談所のことをすっかり忘れてしまっていたボクに、オーネットから電話が掛かってきました。

「1度、お近くの支店に来店してみて下さい」 「話を聞きに来て下さい」を繰り返す担当者に、 「エライことになったなぁ……」 「入会するまで、しつこく勧誘されるんだろうなぁ……」と、資料請求したことを後悔。

「仕事が忙しいので……」と、なんとか電話を切ることができましたが、電話が鳴るたびにビクビクしなくてはいけないのかと思うと、ぐったりしてしまいました。

しかし、その後、オーネットからの電話はありませんでした。 オーネットどころか、誰からも電話はなく、週末なのに携帯電話の受信履歴は0件でした。

というか、ここ何日も携帯が鳴っているのを見たことがない状態です……。

連日、残業で疲れ果てているとはいえ、週末に出かけることも、人と話すこともなく、1日中ゴロゴロ……。

そんなことなら、この結婚相談所に行けば良かった……と思わずにはいられませんでした。

面接

「仕事が忙しいんで……」と来社を断ったばかりなのに、こっちから「行きたい」と連絡するのも気が引けるなぁ……と思いながらも、意を決してオーネットに電話をしてみると、

「あぁ、草雄さん!連絡しようと思っていたんですよ!!」 「お忙しいとは思いますが、やはり1度、お話できればと思いまして……」と、受け入れ態勢バッチリな担当者さんの返答に、気持ちが和らぎました。

そんなこともあり、「今週末のお昼過ぎは空いていますか?」と、自分からカウンセリングの予約を入れてしまいました。

やはり、何日も携帯が鳴らないのは虚し過ぎると、多少凹んでいたんだと思います。

あっと言う間に週末が来て、ドキドキしながら支店に行くと、パーテーションで仕切られて顔は見えませんが、いろんなところで人が話をしているのが伝わり、 「他の人も、カウンセリングに来てるんだ~」 「みんな、婚活がんばってるんだ~」と、「自分だけじゃない」と思い、少しホッとしました。

基本的に女性と話すのは苦手なのですが、担当のアドバイザーさんは、テキパキしているというか、良い意味でサバサバしており、 こちらから聞きにくい料金プランの話とかも、どんどん説明してくれるので、とても助かりました。

マッチングのシュミレーション体験をした際に、自分の女性の好みを伝えるのですが、

「年齢は……」 「職業は……」と、ボクが言い淀んでいると、 「遠慮せずにドンドン条件を言って下さって大丈夫ですよ」 「草雄さんの条件に合っている女性会員さんは、あと2000人以上いますから!」と言われました。

「そんなに!?」と、思わず声が大きくなってしまったボクに、 「現在、約1万9千人以上の女性会員さんがいるんです」と言われてさらに驚きました。

ボクにしては贅沢な条件を並べても、8人もの女性が該当したのです。 会員がたくさんいても、ボクのことを気に入ってくれる人がいなければ意味がないのですが、

「これだけいるのならば」と、期待を持たずにはいられませんでした。

その後も、o-netのいろいろなサービスを説明してもらい、疑問に思うようなところは質問すればキッチリと答えてくれました。

アドバイザーさんの頼もしさには心底感心し、初対面の人と話すのが苦手なボクでしたが、気がつけば2時間近くもあれこれと話をしていました。

いままでにこんなことはなかったので、「ここならば!」と、さっそく入会しようとすると、 「今日じゃなくても良いんですよ」 「しっかりと検討してみて下さい」と言われました。

「はい、分かりました」と答えたボクでしたが、無理な勧誘をしないその態度に、「ここなら大丈夫!!」と入会する意思を固めたのでした。

検討

カウンセリングに行き、「ここに入会しても良い!」と強く思えたのですが、他の結婚相談所と比較したことがなかったので、いろいろ調べてみることにしました。

「結婚相談所 比較」などと入力すると、いろいろなサイトがたくさん出てきました。

料金やサービスなどに少しの違いはありましたが、オーネットでカウンセラーさんと話した感覚以上に惹かれるモノがなく、「やはりオーネットに……」と思ったときに、

「なぜ、そんなに高いんですか?」 「高額な入会金を払えば、理想的な人に巡り合えると勘違いしていませんか?」という内容が目に飛び込んできました。

「確かに!!! 」 心のどこかで、 「これだけ入会金が高ければ……」 「これだけ会員がいれば……」と、期待せずにはいられない自分がいました。

とりあえず、ここからも資料を請求してみようと思い、電話をしたところ、 「さっそく登録して、お相手検索しましょう!」と言われました。

「登録って、入会のことでしょ?」 「まず、説明を……」と思い、「あの、まずは資料を」というと、 「入会金に30万も掛かるなんて、バカげていると思いませんか?」 「うちは月会費が無料なんですよ!」と、他者との比較を説明し始めました。

延々と、いかに他者の料金が高く、うちが安いかという説明を受けながら、 「ここはダメだ……」と思いました。

入会

その後、なんとかして電話を切り、送って来られた資料を見ましたが、 確かに入会時に掛かる費用は、 オーネットが106000円なのに対し、A社は48000円と半額近くで済むようです。

しかし、よくよく見ると、 お見合いをする度に毎回8000円が必要で、成婚料は20万!!

そうなると、10人の女性と出会った後に成婚できたたとしても、 お見合い料8000円×10人=8万 成婚料20万 合計28万。

結果的に高いのでは?? それも、10人で済めばいいけれど……といった感じです。

しかも、 女性と会う度に「はい、8千円!」では、気になった女性ともおちおち気軽に会うことができないような気がしてなりません。

その点オーネットでは、毎月条件に合った女性を6名紹介してくれるし、こちらからもWEB検索できるということもあり、出会いの数は月会費以上だと感じます。

それよりなにより、 他者との比較もせず、入会も迫らず、 「草雄さんの理想条件は?」 「お仕事が忙しいんですね……でも大丈夫ですよ!」と言ってくれたことが嬉しかったんです。

料金やサービスを比較することはもちろん大切ですが、やっぱり最後は人柄だと思いました。

金持ちの令嬢やスタイル抜群の女性より、優しい子が良いもんなぁ~。 結婚相談所選びは、結婚相手選びに少し似ているのかもしれませんね。