結婚相談所比較ガイド  > アラフォー男の婚活体験談  >  【第3回】アラフォー草食男子・草雄 お見合い体験談

【第3回】アラフォー草食男子・草雄 お見合い体験談

友達の紹介で付き合い始めた彼女から、「仕事バカ!!」と罵られ、こっぴどくフラれてから、彼女いない歴11年目を更新中。

転勤のため、数年ごとに各地を転々としているせいか、彼女どころか友達も少なく、休日は家でゴロゴロしているだけの日々。

現在は東京でひとり暮らしをしており、毎日サービス残業で、「寝て→起きて→仕事して→寝て」を繰り返し、気がつけば中年と呼ばれる38歳になっていました……。

そんなボクに、 「まさか、女に興味がないとか?」 「こいつ、草食系だからなぁ……」と勝手に断定する友人たち。 そんなこともあり、いつからか「草

お見合い

母親の友達の、知り合いの女性ということもあり、どこかの喫茶店で女性と会うのかと思っていたのですが、

  • ボク
  • ボクの母親
  • こちら側の紹介者(仲人)
  • 相手の女性
  • 女性の母親
  • 女性側の紹介者(仲人)

と、総勢6名。 地元で有名な老舗ホテルの一室を貸し切っての、真剣なお見合いに驚きました。

「友達の紹介」よりは、きちんとしなくてはと心の準備をして行きましたが、 まさか、こんなことになっていたとは……。

そんなこんなで、お見合いがスタートしたのですが、ボクと女性が話す隙もないほど、 母の友達(仲人)が、 「二世帯住宅で家も建ててくれるって言ってるんだから、もう決めちゃいなさいよ!」 「あなた、どうしていままで結婚しなかったの?」 「あなたも早く結婚して、子供産まないとダメでしょ!」と、一方的に話を進めようとします。

女性は終始苦笑いでしたが、女性の母親は気分を害したらしく、どんどん笑顔が消えて行ってしまいました。

1時間以上もしゃべり続けた後、 「後は、若い2人にまかせるわね!」と、いきなり2人きりにされました。

その直後、 「『とりあえず会ってみたら』と言われて、軽い気持ちでOKをしたのに、まさか母親まで呼び出されて、ホテルで会うことになるなんて……」 「確かに、もういい年なんですけど……ズバッと言われると落ち込みますね……」と、女性がホンネを打ち明け始めました。

また、 「同居することとか、聞いてなかったので驚きました。……お母さんのこと好きなんですね……」 「今日は、お母さんと一緒に来たんですね……」と、 どうやら、 「ママに付いて来てもらわないと、女性とも会えないボクちゃん」 「ママのいいなり」という「マザコン」な印象が、彼女の中で出来上がってしまっているようでした。

そりゃそうですよね……。 軽い気持ちで男性を紹介してもらおうと思ったら、 「こっちは母親と一緒に行くから、あなたも母親同席で!」と言われ、 来たら来たで、一方的な話で、失礼な言われよう……。

苦笑いだったけど、よく我慢してニコニコしていたなぁ~と感動するほどでした。 きっと、本当にステキな女性なんだろうな……。 そんなお見合いの結果は、もう分かっていると思いますが、 「いきなり、同居は……」 「富山と、東京ですし……」という、あいまいな理由でやんわりと断られました。

正直な気持ち

お見合いで断って来た女性のことを、母とその友人は、 「あの女の子、条件が高過ぎるのよ!」 「いい年して選り好みして!!」と言っていましたが、ボクはそうは思いません。

とても感じの良い女性だったので、今回のお見合いで「嫌な思いをさせてしまったのでは……」と、むしろ申し訳ない気持ちでした。

もう、40歳近くのひとり息子を心配する母の気持ちはよく分かりますが、今回はいささか勇み足だったのではないかと思えて仕方がありません。

もちろん自分がもっと魅力的な男で、母親に対しても「それは彼女と2人で決めて行くことだから!」と、ビシッと自分の意見が言えれば、女性もすぐには断らなかったかもしれませんが……。

これまで「合コン」「婚活パーティー」「お見合い」と婚活をしてきましたが、ボクのような、あまり外見が良くもなく、これと言った趣味もない人間は、第一印象で振り分けられてしまい、そこからの発展が望めないということが身に染みてよく分かりました。

サークルや職場で出会い、ボクの内面を少しずつ理解してもらい、仲良くなれれば良いのですが、サークルに通うほどの時間の余裕はなく、職場も男ばかり……。

自然な出会いを望んでるボクは、一生結婚なんてできないような気がしてきました。

出会いの数

仕事で忙しい」と、サークルや飲み会を何回か断ると、 「ノリが悪い」と思われるのか、もう誘ってもらえなくなってしまいます。

話し上手ではないので、合コンにも誘われなくなってしまいました。 出会いがないと彼女も出来るワケがないと分かっているのですが……。

そんなある日、職場で調べ物をしていると、 「仕事が忙しいあなたにも出会いはあります!」という見出しを見つけました。

よく見てみると「ネット婚活」と書かれてありました。 怪しい出会い系サイトだと思い、スルーしようとしたら、聞いたことのある結婚相談所の名前がいくつか並んでいました。

ちゃんとした会社だということは分かったのですが、こんなネットで結婚相手を探している女性なんて、本当にいるんだろうか……?

会員はたくさんいるようですが、「サクラでは?」と、どうしても疑わずにはいられません。

でも、もう合コンの誘いは来ないし、このままでは、また実家からお見合い話しが持ち込まれそうだし……。 「じつは悪徳業者で、高い契約料を取られたらどうしょう……」 「美人局などのトラブルに巻き込まれたらどうしよう……」などという考えばかりが浮かびます。

この気の小さいところが男としてダメなんだろうな……と思い直し、とりあえず無料だったので資料請求だけしてみることに。

いま思えば、「誰かに誘われたから」という受け身な婚活ではなく、初めて自分から動き出した第一歩だったのでした。