結婚相談所比較ガイド  > バツイチ(再婚)情報  >  バツイチ子持ち男性との結婚を行う上での注意点とは?

バツイチ子持ち男性との結婚を行う上での注意点とは?

バツイチ子持ち男性と結婚を考える前に

結婚相談所や婚活サイトの会員には、バツイチ子持ち男性も多く見られます。

再婚と聞くと悪いイメージをする方も多いでしょうが、男性に非がない場合も多いのです。

妻が浮気したり、死別したりしたケースもあるでしょう。

バツイチ子持ち女性の結婚相手として考えたときも、子持ち男性はおすすめなのです。

互いの苦労をよく知っていますから、現実的な気持ちで婚活できるわけです。初婚では夢や希望を追いかける方が多いですが、再婚の方は結婚のよい部分、悪い部分を熟知しています。

お互いに同意して成婚するのが一番好ましいわけです。子持ちのバツイチ男性は、自分に引け目を感じていることが少なくありません。

初婚の女性になら、申し訳ない気持ちを持っているかもしれません。しかし、どのような状況にせよ、相手に関心のない状態での結婚はありえないでしょう。

興味のない男性が子持ちだとしても、自分にはまったく関係ないことです。

バツイチ子持ち男性と結婚する事例では、「相手男性に強い興味を持った」「子持ちだとわかっていて付き合っていたら情が移ってしまった」というパターンが多いのです。

バツイチ男性の場合は、親権は母親が持っていることが多いです。子供は母親と生活しており、男性は前妻に養育費を支払っているパターンです。

それならば、自分が子供嫌いだとしても、結婚生活にあまり支障が出ないはずです。

ただし、養育費の問題はありますので、男性の経済力が安定していないと生活は厳しいでしょう。

自分の子供が欲しいという女性ならば、新生活のための費用も考慮しておく必要があります。

男性に借金がないか確認しておくことも大切でしょう。「結婚してから多額の借金が発覚し、妻も返済の手伝いをするハメになる」という状況だけは避けなければなりません。

今よりも経済的に厳しくなるようであれば、結婚は避けたほうがいいでしょう。お付き合いからはじめる場合は、男性のギャンブル癖もチェックしておきましょう。

ギャンブル依存症という言葉もあるように、ギャンブル癖は病気なので治りません。一度でもお金を貸してほしいと言われたら、関係を断ち切ることを考えましょう。

借金の申し込みをしてくる男性は、貯金がほとんどないケースが多いのです。
性格もだらしないため、それ以上の関係になるべきではありません。

いずれにしても、いきなり結婚前提で考えるのではなく、恋愛を経てから見極めるようにしましょう。

バツイチ子持ち男性と初婚男性を比較してみる

バツイチ子持ち男性との結婚を検討している方は、初婚男性と比較してみることも必要でしょう。

好きという気持ちだけで付き合って、嫌いになったら別れることができるのは恋愛だけです。

それに対して結婚には、大きな責任と制限が伴います。初婚男性をターゲットにする場合と比べて、どのようなデメリットがあるか知ることも大切です。

前妻と比較される覚悟、養育費・慰謝料などの金銭的な問題、バツイチ子持ち彼氏と前妻の子どもとの関係、離婚した理由など。

好きという気持ちだけで一緒になっても、すぐに現実を知ることになります。失敗するとわかっている結婚なら、最初からしないほうがいいのです。

本気で結婚の意思があるならば、「恋愛の関係だけでなく、本当に自分と結婚する意思があるのか?」「結婚式はやってくれるのか?」「自分との子どもをつくる気はあるのか?」などを確認しておくといいでしょう。

初婚の女性ならば、派手な結婚式を楽しみにしているかもしれません。結婚式を経験しているバツイチ男性の意見よりも、女性の意見のほうが尊重されるべきなのです。

子どもが欲しいなら、相手の意思も聞いておく必要があります。子づくりの気がなければ、その時点で結婚対象にはならないでしょう。

また、自分自身が子持ち女ならば、そこもしっかり伝えておきます。男性側はバツイチなのに、女性のバツイチは認めないという身勝手な方もいるのです。

自分勝手な性格、嘘ばかりつく、借金の申し出をしてくる、といった男性と付き合ってはいけません。

男性は女性が想像しているよりも、メンタルが強くないのです。付き合っていくうちに、不誠実だと感じられることがあるかもしれません。

こうした男性は、結婚後に本性を現して、もっとひどくなる可能性が高いです。結婚前は男女ともに言えることですが、自分の欠点は隠そうとするものです。

男性が子育てをしている場合

バツイチ子持ち男性は、子どもとは一緒に暮らしていない方が多いです。

前妻に親権があり、子どもとは定期的に会うという方がほとんどですが、妻側に問題があって離婚した場合は、男性が親権を持っていることもあります。

こうした男性は、結婚相手として子どもとうまくやっていける女性を求めています。

女性から見れば実の子どもではないので、我が子ができればこちらのほうが可愛いでしょう。

夫の連れ子には無関心になるかもしれません。男性側は子どもの問題に敏感となるため、あえて初婚女性は避けてくることもあります。

もしくは、最初から恋愛以上の付き合いは求めてこない方もいるでしょう。

女性としても、「子どもとうまくやっていけるのか?」「二人で使えるはずのお金を、前妻への慰謝料や子どもに使うことに抵抗はないか?」「自分の子どもが欲しい場合は応じてくれるのか?」などについて、よく考えてみる必要があります。

いずれにしても、迷っている段階では結婚を決めるべきではありません。子どもとお金の問題は、結婚後もずっと付きまとってくるからです。

子どもが成人して親元を離れているのであれば、状況はかなり楽になるでしょう。

養育費の支払いが終わっていれば、生活資金は二人だけのために使えます。
子どもの人数・年齢なども聞いたうえで、生活プランを組み立てていく必要があります。

よい部分も悪い部分も含めて、結婚後の生活はシミュレーションしてみるべきです。

少しでも無理だという気持ちがあるなら、結婚するのは相手のためにもよくありません。

決定権は女性にあるので、男性に結婚を迫られてもその気がなければ断ってかまいません。

みんなの婚活お役立ち情報一覧に戻る

ツヴァイ(ZWEI)の口コミ、評判、体験談はこちら

楽天オーネットの口コミ、評判、体験談はこちら

パートナーエージェントの口コミ、評判、体験談はこちら