結婚相談所比較ガイド  > バツイチ(再婚)情報  >  バツイチ子持ち女性との結婚を行う上での注意点とは?

バツイチ子持ち女性との結婚を行う上での注意点とは?

バツイチ子持ち女性と結婚する心構え

バツイチ子持ち女性と結婚を考えている男性の方は、相手に子供がいることを熟慮する必要があります。

同じバツイチでも、子持ちと子なしでは大違いです。

最近は結婚相談所や婚活サイトの影響もあり、バツイチ女の方の人気が高まってきました。

結婚していた経験があるので、初婚の方と比較して落ち着いた雰囲気の方が多いです。

分相応をよく知っており、パートナーの男性に高望みしないこと、結婚生活の現実を知っていること、などが人気の理由です。

男性のよいところを探すのも得意で、スペックだけで判断せず、内面もよく見てくれるのです。

初婚女性と婚活する男の方は、相手女性の結婚したいオーラに疲れてしまうこともあるでしょう。内面ではなく、スペックだけで判断されているような気持ちになる男性も多いのです。

バツイチ女性の場合、結婚に関しては冷静であり、それも男性にとって付き合いやすい理由の一つなのです。

しかし、子持ち女性となると事情は変わってきます。どんなに相手女性のことが好きでも、子どもが嫌いという時点で結婚はありえません。

そのような男性は、はじめから恋愛以上は無理と認識しておく必要あります。勢いで結婚しても、子ども嫌いが急に直るわけではありません。

たまに遊びに行って子どもと会うのと、毎日顔を合わせるのとでは訳が違います。

子持ち女の方との結婚は、女性以上に男性にとって覚悟が必要なのです。もし、心の中で少しでもダメだという気持ちがあれば、結婚生活を送るのは難しいでしょう。

相手をよく見極めずに結婚して、すぐに離婚に至るのは好ましくありません。バツイチの婚活は今や当たり前ですが、バツニ、バツサンとバツが増えるにつれて、相手探しは難しくなるのが現状です。

これは女性だけでなく、男性にも言えることです。

結婚後のデメリットも想定しておく

離婚の原因というのは、意外と些細なものが多いのです。

些細な不満が積み重なって爆発して、相方が家を出てしまうというケースは実によくあります。

初婚の方は、結婚に理想生活を抱くものです。楽しい未来、夢の実現などをイメージして一緒になるわけですが、しばらく生活すると理想と現実のギャップに悩まされます。

「こんなはずではなかった」という気持ちが積み重なってストレスとなり、やがて爆発してしまうのです。

バツイチ子持ち女性と付き合う男性は、結婚後のデメリットをよく想定しておきましょう。

もちろん、メリットがあることが必須条件ですが、気持ちが高ぶっているとデメリットを見ることを忘れてしまいます。

最初に考慮したいのは、子どもを養うだけの十分な経済力、そして家族全員を養っていく覚悟があるかどうかです。

自分の子どもができたとき、パートナーの連れ子を同じように愛せるでしょうか?また、恋人感覚で毎日を送るのも難しくなります。

子どもの目を意識する必要がありますし、時間的な制限も受けるはずです。自分とパートナーだけでなく、常に子どもを意識する必要があります。

最初からデメリットを考えるのは建設的ではないと思われるかもしれませんが、何も考えずに結婚するほうが無責任なのです。

結婚ばかりを意識するのではなく、「離婚しないこと」についてもよく考えてみましょう。

すべてを受け入れる覚悟があるならば、あとは子持ちであることを意識しすぎず、普通に接するのが好ましいです。

お金や子どもの話ばかりするのではなく、グルメ、旅行、趣味など、互いの価値観を共有できる会話を意識したいものです。

結婚を決めるのは男性側なので、成功しても失敗しても自身に責任があると認識したいものです。

恋愛や遊びだけが目的ならば、女性に過度の期待は持たせないようにしましょう。あらかじめ「結婚する気はない」と伝えておくことが大切です。

何度も会って関係を深めていく

年上バツイチ子持ち女性との結婚では、バツイチ同士のほうが話は進みやすいです。

お互いに再婚であり、結婚に対して冷静な目を持っています。

結婚に対して焦ることがなく、再婚相手をよく知ってから再婚を検討するという方が多いです。

双方に子どもがいるなら、なおさら相手の状況を理解しやすいでしょう。

男性が初婚の場合は、「自分の子どもを産むことができるか?」「結婚式を前向きに考えてくれるか?」を女性側に確認しましょう。

子持ちの再婚女性を結婚相手として選ぶ男性は、少なからず子どもに興味があるでしょう。

子ども好きな男性ほど、血の繋がった子どもが欲しくなるものです。結婚式については、男性の意見が尊重されるべきです。

女性は結婚式を経験しているけど、男性は未経験だからです。男性の両親が結婚式を熱望してくることもめずらしくありません。

もし女性が「自分は結婚式を挙げたので、2回目はやりたくない」と言ってきたら、男性への配慮が不足しています。

結婚後の生活で振り回される可能性が高いので、もう一度よく考え直すべきでしょう。

自分のことしか考えない人は、言葉の端々にそれが現れるものです。言葉に出して発するセリフというのは、本音が多く混じっています。

相手のことをよく知るためにも、何度も会って会話を重ねてみましょう。慣れ親しんだ関係になるほど、本音は出やすいのです。

本音を出せないような相手なら、それ以上の関係にはなれません。結婚相談所や婚活サイトを利用するときも、データマッチングだけで相手を決めるのではなく、デートに重点を置きましょう。

大人数制のパーティーよりも、1対1のデート形式のほうがいいです。最初は相手がバツイチ子持ちであることを意識せず、普通に接してみるといいです。

本音で話せる関係になったならば、互いに相手を意識しているはずです。初対面から結婚を意識する必要はありません。

相手に好意を持たずに、籍を入れる方などいないでしょう。「この女性と一緒に生活したい」と本気で思えるようになったら、今後のことについて話し合っていけばいいのです。

急いだり焦ったりして決めても、いい結果になることはまずありません。

みんなの婚活お役立ち情報一覧に戻る

ツヴァイ(ZWEI)の口コミ、評判、体験談はこちら

オーネットの口コミ、評判、体験談はこちら

パートナーエージェントの口コミ、評判、体験談はこちら