結婚相談所比較ガイド  > バツイチ(再婚)情報  >  バツイチ女性が再婚を行う上での注意点とは?

バツイチ女性が再婚を行う上での注意点とは?

子持ちのバツイチ再婚ならどう婚活するべき?

子持ちのバツイチ再婚の場合は、子供がいない場合よりも状況は厳しくなります。結婚相手からすれば、自分の子供にはならないからです。

男性から「自分の子供が欲しい」と言われたとき、それに応じられるのかよく考える必要があります。

また、男性が「自分の子供と同じように可愛がる」と言っていても、実際に自分の子供ができたとき、同じように接してくれるかどうかも問題です。

こればかりは、そうした状況になるまではどう転ぶのかわかりません。

子持ちのバツイチ生活を成功させるには、「子供が欲しいけど無理だった」というバツイチ男性が狙い目となります。

ただし、新しい男性との間には新しい子供ができる可能性はありますので、そこは認識しておく必要があります。

子供が成人している場合は事情を察してくれることが多いですが、思春期の子供がいる場合は注意が必要でしょう。

精神的に未熟であり、新しい父親に抵抗を持っているはずです。母親が一人の女性になることに抵抗を覚えることもあるでしょう。

子供ともよく相談して、納得してもらう必要があります。婚活をするときは、自ずと結婚前提での活動となります。

恋愛を重ねてから結婚を決めるという流れにはなりにくいため、本格的な結婚相談所を利用するのがおすすめです。

お手軽に低コストで活動できるネット婚活は便利ですが、会員の本気度においては相談所のほうが高いです。

婚活市場のデータを見ても、本気度の高い方は結婚相談所、気軽に婚活したい方は婚活サイトを利用している傾向があります。

結婚経験者の方にとって、恋愛相談のサービスはあまり重要ではないでしょう。会員数が豊富で成婚率が高く、マッチングサービスが充実した結婚相談所を利用しましょう。

初婚とは結婚観に違いがある

バツイチ女性の場合、初婚女性とは結婚観が異なります。一度結婚式を経験しているので、2回目は不要だと考えている方も多いのです。

しかし、男性が初婚の場合は、相手の意見を尊重するべきです。男性側の両親が強く希望している可能性もあるでしょう。

自分は離婚歴があっても、相手が初婚ならばそこは意識する必要があります。離婚理由を聞かれた場合は、「性格の不一致」「すれ違い」などの理由がよく使われますが、信頼できる男性なら話しておくのがいいでしょう。

経済的理由、パートナーの浮気など、理由がわかれば男性側も納得するものです。自身に都合の悪い内容だとしても、嘘をつくくらいなら正直に言って嫌われたほうがよいです。

理由を話して嫌われる程度なら、そこまでの縁だということです。嘘をつく癖があると、夫婦生活もうまくいきません。離婚理由を話して去っていく男性は追いかける必要はないのです。

男性を探すときは、価値観を見極めるようにしましょう。多くの男性は結婚相手に初婚を望みますが、優先順位はそれほど高くないかもしれません。

女性の容姿、心配りなどに魅力を感じれば、アプローチしてくれる可能性は高いです。

「自分は再婚だからダメ」と決め付けることなく、可能性のある相手にはアタックしましょう。ただし、結婚を急かせるような言動は控えるべきです。

特に子持ちの場合は、「経済的に厳しいから結婚したいんだろう」と思われる可能性があります。

結局のところ、相手探しで重要となるのはマッチングなのです。お互いの条件、つまりメリットが一致すれば成婚に至るわけです。

最近は男性不妊という言葉もあり、男性に原因があって子供ができないケースも多いのです。

こうした男性が子供と暮らしたいと思った場合、子持ちのバツイチ女性を選ぶケースもあるのです。

条件が一致した相手を探すためには、会員数の多い結婚相談所を利用するのがおすすめです。

会員数がすべてではありませんが、少ないよりも多いほうがマッチングする相手は見つかりやすいので、地元エリア内における会員数が多い相談所に登録しましょう。

遠距離の場合、自ずと成婚率は低くなってしまいます。デートをするにしても、お互いに近場のほうが都合はいいでしょう。

みんなの婚活お役立ち情報一覧に戻る

ツヴァイ(ZWEI)の口コミ、評判、体験談はこちら

楽天オーネットの口コミ、評判、体験談はこちら

パートナーエージェントの口コミ、評判、体験談はこちら