結婚相談所比較ガイド  > 現役時代をフリカエル  >  手軽に登録できる「SNS婚活」の落とし穴とは!?

手軽に登録できる「SNS婚活」の落とし穴とは!?

合コンや婚活パーティーに比べて、手軽で費用もリーズナブルなことから、最近は「ソーシャル婚活」が人気なのだそうです。

「誰でも簡単に」、「たった5分の無料登録で」などと書かれている婚活サイトも、多く見かけるようになりました。

誰にも知られることなく婚活を始められることも、SNS婚活が広く受け入れられている理由のひとつのようです。

そんな手軽ないまどき婚活で、出会いの場もどんどん広がっているのかと思いきや、そこにはどうやら深い闇があるようなのです。

今回はSNS婚活サイトを管理している、元同僚の婚活アドバイザーから聞いた、「ソーシャル婚活」の実態を紹介します。

非公開のオンパレード

「ソーシャル婚活」の1番の魅力はその手軽さということで、会員登録は文字入力ではなく「項目を選択するだけ」などと、とても簡単にしているそうですが、それでも「年齢」や「年収」、「結婚歴」などを入力しない男性会員は、かなりいるのだそうです。

その中で1番問題になるのが「プロフィール写真」なのだとか。

女性は「本当に同一人物ですか?」と聞きたくなるほどの、いわゆる「奇跡の1枚」を頑張って撮って来るのだそうですが、男性は風景やペットの写真などと、「プロフィール写真」としてまったく意味の無さない写真を平気で使う人の割合が70%近くというのだから驚きです。

年収や顔写真などは、やはり自信がないとなかなか公表しづらいのはよく分かりますが、女性に比べると男性のプロフィールの不甲斐なさに、先が思いやられるのだそうです……。

自分のことは棚に上げて……

「都合の悪いことは記入しない!」というプロフィールを平気で公開する男性に限って、「女性からメールが全然来ない!」

「サクラがいるんじゃないか?」「なぜ女性の方が利用料が安いんだ!!」などとクレームを付けてくる人が多いのだそうです。

せっかく女性からメールが届いても「彼氏いますか?」や「別に結婚がしたいワケじゃないんだけど……」などと、「じゃあ、なんで登録してるの?」

というような内容のメールを送り、メール拒否されることもしばしばというのだから、困ったものですね……。

「草食系男子」とは、頼りない男性を表す言葉として揶揄されて来ましたが、世間の評判とは裏腹に婚活市場では、「扱いやすい」「文句を言わない」「夫には良い人材」などと、じつはとても女性に人気がありました。

しかし最近の少し頼りない男性は、「自分はさらけ出さないが相手には要求する」「自分の思い通りにならないと怒る」などと、少し精神的に幼い考え方をする男性が増えたように感じます。

「手軽」の落とし穴

「Facebook」や「Twitter」などが多く利用されるようになったことから、ネット上で人と繋がることに抵抗を持たない人か増えました。

「Facebook」で知り合った男性と、たった13日で結婚することになったと「日経ウーマンオンライン」の記事で話題になったことなどもあり、「ソーシャル婚活」が手軽に結婚出来る便利なアイテムのひとつと思っている人も多くいることでしょう。

私自身も、インターネットというツールが、これからの婚活を大きく変えるかもしれないと、期待に胸を膨らませていたこともありました。

しかし「手軽な登録」=「手軽に相手が出来る」ではないんですよね……。

むしろ、婚活パーティーのように「司会役」がいるわけでもなく、お見合いのようにセッティングをしてくれる「おせっかいな仲人」がいるわけではないので、付き合いに至るまでには、かなりの努力や積極性が必要なのです。

手軽という言葉に飛びつき、次々と登録しては放置している婚活サイトがあるのなら、いま一度、幸せは自分の手で掴むものなのだということを強く自覚して欲しいものです。

ツヴァイ(ZWEI)の口コミ、評判、体験談はこちら

楽天オーネットの口コミ、評判、体験談はこちら

パートナーエージェントの口コミ、評判、体験談はこちら