結婚相談所比較ガイド  > 現役時代をフリカエル  >  年収重視で「歳の差婚」の理想と現実

年収重視で「歳の差婚」の理想と現実

芸能界では10歳差、はたまた20歳差などの「歳の差婚」は、もう誰も驚かないぐらい、よくある話になってきましたよね。

その影響もあってなのか、一般の人たちも「歳の差婚」に、あまり抵抗がなくなって来たように感じます。

最近では「シニアの会」や「バツイチの会」などと、40~60代男性が集まると予想される婚活パーティーに、30代の女性参加者が殺到しているのだそうです。

確かに同世代の男性に比べると、収入も精神的にも安定していると思われる40・50代の男性に惹かれる気持ちはよく分かります。

今回は、そんな「歳の差婚」を狙う女性が起こした、ちょっと怖い婚活話を紹介します。

結婚詐欺!?

周りの友達が次々と結婚し、仲良し女子グループの中ではひとりだけ未婚者になってしまったという A子さん(39歳)が、結婚相談所に入会し、相手に求める条件として提示したのが、「年収500万以上・持ち家あり・高級車所有」でした。

「50代でも全然構わない!」というA子さんに、条件に合った56歳の歯科医師を紹介したのですが、「メタボ体型のハゲで、とても50代には見えない!!」と激怒されました。

その後も数人の男性とお見合いをしたのですが、条件がクリアされていても容姿に問題があるようで、なかなかうまくいかないのですが、A子さんは断ることはせずに、全ての男性を保留状態にしていたのでした。

そんな状態が続いたある日、一番最初にお見合いをした歯科医師の男性から「結婚しなければ訴える!」と脅迫されたというのです。

驚き、2人から話しをよく聞いたところ、「婚約指輪と称し、数百万円もする指輪を送った」「車も買ってあげた」という男性に対し、A子さんは「勝手にプレゼントされた」とのこと。

他の男性も「結婚詐欺にあったのでは……」と警察に相談している人が数人おり、婚活どころではなくなったのでした。

離婚率

周囲が結婚を決め、ひとりだけ「負け組」になった気分のA子さんは、50代の男性達からちやほやと貢がれることで、優越感に浸ってしまったのでしょう。

しかし、50代にもなると、お腹も出て来てしまうもの……。

見た目は若々しく、でも年収は多い方が良いなどと、高望みをしてしまった理由は、仲良しグループの女友達から「玉の輿」と言われるような「大逆転婚」をし、見返したかったからなのでは、と思わずにはいられません。

近年、恋愛に関して消極的なうえに、年収も不安定な同世代の男性よりも、40代以上の安定している男性を望む傾向が強くなって来たと言われています。

要するに会話が合うとか、同世代ということよりも、年収や安定の方が重要視されているということです。

しかし、アメリカのエモリー大学がおこなった調査によると、一番離婚率の低い年齢差は0歳という結果が出たのだそうです。

年齢差が大きくなるにつれて離婚率は上昇し、1歳差でも3%、10歳差で39%、20歳差では、なんと95%にもなるのだそうです。

年収重視

あくまでも統計上の数字なので、同い年で結婚したら「一生安泰」というわけではなく、さまざまな理由から離婚する可能性は、どの年齢差でも起こりうるものですが、その離婚原因のひとつが「歳の差」だということも忘れてはいけません。

婚活歴が長く、いったい自分がどんな男性を求めているのか分からなくなったり、周囲に取り残されたと不安になったり、とりあえず子供を産むなら、もうタイムリミットが……

などと焦っている女性が、安定した結婚生活を送るためにと、年齢やフィーリングなどより年収を重視して男性を選ぶ傾向が年々強くなってきたように感じます。

確かに結婚は「生活」なので、お金のこともしっかりと考えなくてはいけませんが、経済的な理由から「歳の差婚」を狙うようでは、幸せな結婚生活を営めるとは

ツヴァイ(ZWEI)の口コミ、評判、体験談はこちら

楽天オーネットの口コミ、評判、体験談はこちら

パートナーエージェントの口コミ、評判、体験談はこちら