結婚相談所比較ガイド  > 現役時代をフリカエル  >  他人を攻撃する未婚男女が急増中なワケとは!?

他人を攻撃する未婚男女が急増中なワケとは!?

最近では、堂々と「私、婚活しています!」と婚活宣言をする人も多くいるほど、昔に比べて周囲の理解も寛容になってきましたが、その一方で、婚活に疲れ果て、心身に障害が出る「婚活疲労」なんて言葉も、ちらほらと聞かれるようになりました。

恋愛・結婚マッチングサイトを運営するマッチ・ドットコムジャパンが、婚活中の男女241名を調査したところ、「婚活疲れがある」と答えた人は、実に75.1%もいたそうです。

異性から断られ続け、親には嫌味を言われ、「このままひとりかも……」と思うと、精神的ストレスから感情が不安定になってしまうのでしょう。

今回は、そんな不安定な気持ちが引き起こした、ちょっと怖い話を紹介します。

攻撃的な返信

「両親にうるさく言われてしかたなく……」と結婚相談所に入会したAさん(男性/41歳)は、相手に求める条件もないとのことで、年齢の近い女性を何人か紹介することにしました。

すると1度も会うことなく、メールのやり取りだけでケンカになってしまったというのです。

詳しく話を聞くと、ケンカの発端は「大学名を聞かれた」とのことでした。私には、それのなにが悪いのか分からず、さらに詳しく話を聞くと、「どうせ聞いた事もない大学名だとバカにするつもりだ!」と言うのです。

「そう言われたのですか?」と聞いても「絶対にバカにするつもりだ!」と怒りが収まらない様子なのです。

その後も「仕事内容を聞かれた」「身長を聞かれた」と言っては怒り、相手の女性に攻撃的な返信をし続けていました。

半年後には、上手く行かない婚活をスタッフのせいにし、散々罵って退会されていかれました。

裸の王様

年齢や学歴・職歴などと、自分自身を包み隠さずさらけ出す婚活で、そっけなく断られてしまうと、まるで「自己否定」された気持ちになってしまう人もいるようです。

「自分のどこがいけなかったんだろう?」「これからどうしたら良いんだろう?」と悩んでうつになる人がいる半面、「なんでそんなことを言われなきゃいけないんだ!」

「この人は、なにも分かっていない!」と攻撃的になってしまうようです。

最近、男女を問わず、このように攻撃的な反応を示す人が急増したように感じます。

「他人を攻撃せずにはいられない人」(片田珠美 著)によると、このような攻撃的な反応は、相手をけなすことで他人を無価値化し、自らの価値を保つための行動と解説されています。

相手のちょっとした言葉につっかかり、鬼の首を取ったかのように強調して攻撃することで、自分の能力の高さを実感していると言うのだから、まるで裸の王様のようです。

さらに悪い精神状態

確かに「良いな!」と思っている人から1度断られるだけでもショックなのに、何度も断られ、これがいつまで続くのか分からないとなると、自分自身を保つために攻撃的になってしまう気持ちも分からなくはありません。

しかし、このように誰かを貶めることで、自分を優位に立たせている行動を取り続けると、職場の同僚や友人など、あらゆる人が離れて行ってしまいかねません。

「最近の男は弱いよね……(笑)。

あなたも草食系って感じだよね?」「そんなことも分からないの?ホントに最近の男は気が利かないのよね!」などといった態度を、婚活パーティー中に平気でする女性も多くいますが、あまり良い印象とは言えません。

女子会で男性のダメ出しをし、憂さを晴らすのも気分転換には良いかもしれませんが、それで良い気になり、直接相手にぶつけるようになると、それは「婚活疲労」より、さらに悪い精神状態だということが言えるのではないでしょうか。

ツヴァイ(ZWEI)の口コミ、評判、体験談はこちら

楽天オーネットの口コミ、評判、体験談はこちら

パートナーエージェントの口コミ、評判、体験談はこちら