結婚相談所比較ガイド  > ツヴァイ(ツバイ・ZWEI)の口コミ・評判・体験談  >  ツヴァイで婚活した34歳・女です。40代の男性が多いので相手選びがやりやすかったです(34歳/介護福祉士/女/埼玉県)

ツヴァイで婚活した34歳・女です。40代の男性が多いので相手選びがやりやすかったです(34歳/介護福祉士/女/埼玉県)

ツヴァイで婚活していた34歳(女)です。介護福祉士として働いていたのですが、女性が多い職場ということもあり、出会いはほとんど皆無でした。

他社の結婚情報サービスも利用していましたが、会員数が少なく、このままではダメだと思って別の結婚相談所を探しているときにツヴァイを見つけました。

会員数が約36,000人と非常に多く、大きな可能性を感じたことが入会理由です。

口コミ評判もよく、体験談も豊富にあったことも安心要素です。

実際に入会して感じたことは、男性会員の年齢層が高かったことです。

私も決して若くはないので、相手は自分よりも年上になると覚悟していました。

ツヴァイの年齢層を見ると、40代が最も多くなっており、自分が求めていた男性の年齢層とリンクしたことも理由です。

年収にはさほどこだわりはなく、400万円あれば十分だと考えていましたが、実際には500万円~699万円の年収層が多く、世間の平均よりもかなり多いと思いました。

会社員の平均年収は400万円だと聞いていたので、500万円以上稼いでいる方が多いというのは意外でした。

職業を見ると、会社員が約70%となっていました。公務員は高嶺の花というイメージがあり、会社員をターゲットに探そうと考えていたので、この点でも自分の考えにリンクしたのです。

男性に求める条件は年収だけではありませんが、やはり収入が安定していることは、今後の生活基盤を整えるうえで有利になるでしょう。

当初はどの結婚相談所も似たようなサービスだと思っていましたが、実際に利用するとまったく違うことに気づきました。

会員が多くても紹介を受けられない、会員数が少ないので選択肢も狭くなる、遊び目的で参加しており結婚願望がない人ばかり、などなど。

当初は入会金・月会費の安い相談所ばかり利用していたのですが、料金の安いところはそれ相応の価値しかなく、結婚できずにムダなお金ばかりかかっていました。

結婚相談所を利用するときは、会員数・成婚率にこだわらないとダメだと感じたのです。

ツヴァイの婚活アドバイスは的確でわかりやすい

ツヴァイを利用して感じたことは、サポートがしっかりしていることです。 アドヴァイザーが親身になって相談に乗ってくれて、不安・悩みを解消してくれました。

私の結婚に対する考え・願望などを聞き出してから、具体的に何をするべきか教えてくれます。

今まで婚活してきてうまくいかないことには必ず理由があると言われたので、その原因を解消していけば相手は見つかるそうです。

アドヴァイザーに相手探しのポイントを聞いたところ、写真にはこだわるべきだと言われました。

自分の魅力をうまく伝えられる写真を登録することで、声がかかる可能性は高くなると。実際、男性の4割近くは、女性の写真を見て会うかどうか判断しているそうです。

私は今まで写真を意識したことがなかったのですが、これを聞いて写真はプロに撮影を任せたほうがいいと実感しました。

今までは写真代もケチってスナップ写真で済ませていたのですが、考えてみればこれがいけなかったのかもしれません。

カジュアルな自分を見てもらうことも大切ですが、フォーマルの写真も必要になるとのことで、プロ撮影の写真を用意することにしました。

男性・女性は関係なく、相手を見極めるときは、清潔感があって身だしなみがしっかりしていることをチェックするそうです。

学歴・職業・年収よりも、むしろ見た目を重視されると聞いて意外に感じましたが、アドヴァイザーの話を聞いてそのとおりにしたら、本当によく声をかけられるようになりました。

どんなに自分を磨いても、声がかからなければチャンスはありません。 まずは声をかけてもらい、それから自分磨きをしていけばいいのです。

婚活も場数ですから、最初からうまく行える人は少なく、何度も経験することで自分をうまく見せる方法もわかってくるものです。

私の場合も、最初は恥ずかしくて自分を出せなかったのですが、何度も男性と会って話しているうちに、緊張せずに自然体で会話できるようになりました。

自分をうまく見せるコツは、何よりも自然体になることです。自然に振舞って好きになってくれる人を探すのが一番失敗しないからです。

偽って自分を見せて気に入られても、いつまでもそのままの状態で通すことはできないでしょう。

自分自身もストレスが溜まりますし、こんな関係では結婚生活はうまくいかないはずです。

婚活で意外と重要なポイントとなるのが居住地の一致

婚活を進めていくうちに、気になる男性も何人か出てきました。第一候補は同じ埼玉県に住んでいる会社員(36歳)の方です。

ほかにも気になる方は3人ほどいましたが、居住地が遠いということで、相手もあまり乗り気ではなく、そのまま自然消滅していきました。

結婚するうえでは居住地が意外と重要なポイントになるとわかったのです。

結婚のために引越しするのもありでしょうが、本音をいえば住み慣れた場所で相手探しをしたいと考えているはずです。

甲乙つけがたい相手が2人いて、ひとりは同じ埼玉県で、もうひとりは居住地が離れているとなると、付き合うのも難しくなるでしょう。

いきなり結婚せずに、何度かデートを重ねてから成婚に至るケースは多いので、そのためには遠距離恋愛は好ましくありません。

実際に遠距離でゴールした方もいますが、成婚に至る可能性は低いので、効率的とは言えません。

アドヴァイザーによると、婚活カップルが悩むのは「デートの場所」だそうです。

遠距離恋愛になると互いに会うことは難しくなり、電話・メールでのやり取りになりがちです。

そうなれば、身近にいてくれる相手に目がいってしまい、自然消滅してしまうケースが多いそうです。

こうした事情を考慮して、同じ埼玉県に住んでいる男性に絞って婚活することにしました。

互いが相手を選んだきっかけは「容姿」だったので、あとは実際に会話して相性を確かめていくことになりましたが、もともと条件・価値観マッチングで選んだ相手なので、はじめてとは思えないくらい会話が弾みました。

価値観のマッチする相手と会話すると、自然体で話せるので気を使わなくていいですし、話しているだけでストレスが解消していくのです。

相手男性も私に対して、「自然体で話せてよかった」と言っていました。 お互い相性バッチリだったので、その後は成婚まで2ヶ月もかかりませんでした。

ツヴァイ(ツバイ・ZWEI)の口コミ一覧に戻る

ツヴァイのデータ

ツヴァイ
(ZWEI)
オススメ度★★★★★ まずは資料請求(無料)
ツヴァイ

ツヴァイ