結婚相談所比較ガイド  > 現役時代をフリカエル  >  喜ぶことをしてやったのに!?ちょっと怖い距離感のズレ

喜ぶことをしてやったのに!?ちょっと怖い距離感のズレ

近年、「婚活パーティー」や「街コン」が毎週末のように開催されることもあり、男女の出会いの場が驚くほど増えました。少子化や未婚率に歯止めが掛かると良いのですが、それよりも急激に数字を伸ばしているのが「婚活トラブル」です。

結婚相手の紹介サービストラブルで、全国の消費者センターに寄せられる相談件数は、年々増加傾向なのだそうですが、それよりもさらに難しいのは男女間のズレによるトラブルです。

今回はそんな「ズレ」が巻き起こした、ちょっと怖い、相手との距離感について紹介します。

喜ぶことをしたやったのに

友達に誘われて「婚活パーティー」に初参加したA子さん(33歳)は、5歳以上も年の離れた男性ではありましたが、積極的にアプローチされたこともあり、食事に行ってみることにしたそうです。

会話も弾み、楽しい時間を過ごしたA子さんは、その後2回ほど食事に行ったそうです。そんなある日、仕事が終わって会社を出たA子さんを、その男性が待っていたというのです。

仕事の話はしたけれど、会社名や場所を告げていなかったA子さんは絶句したそうですが、男性は「サプライズ成功!」と大喜びだったそうです。

その日は、教えていなかったA子さんのアパート前まで車で送り、「オレってデキる男でしょ?」と得意げに言われたそうです……。

ちょっと怖くなったA子さんが連絡を取らずにいると、「こんなに喜ぶことをしてやったのに何様だ!!」と怒りのメールが何通も届いたそうです。

その後は着信拒否をし、その男性とは連絡を取っていないそうですが、いまだに家や会社を出るときに「もしかして……」と身構えてしまうのだそうです。

距離感のズレ

黒川伊保子氏著の「恋愛脳 男心と女心は、なぜこうもすれ違うのか」にも書かれているように、男女はモノの見かたも感じかたも違うゆえに、分かち合えないことが多々あるのかもしれませんが、婚活業界に携わっていると、その男女の「ズレ」には驚くばかりです。

とくに、男性はカッコ良いところを見せようと、無理な追い越し運転をし、「これくらい余裕~」と自慢したり、お店の店員さんに「おい!オーダー!!」などと威張った態度を取ったりして、女性に不評をかった話は日常茶飯事でした。

そんな男性を「ステキ!!!!!」と思う女性も、少なからずいるのは事実ですが、まだ2・3回ほどしか会っていないにも関わらず「会社を付きとめて、迎えに行くと喜んでくれる」「秘かに自宅を調べておいて、送り届けるとデキる男と思われる」というのは、相手との距離感がズレ過ぎているのではないかと思わずにはいられません。

自分本位の優しさ

最近では男性だけでなく、女性も、付き合ってもいない男性の職場にお弁当を届けに行ったり、部屋に遊びに行ったときに、勝手に洗濯物を持ち帰って洗って来たりと、同じ女性ながらも思わずゾッとしてしまうようなことを平気でしてしまう人もいるようです。

このようなタイプは、恐怖を感じた相手から距離を取られると、「あんなにしてやったのに!」「こんなに尽くしたのに!」と相手を責め立てる傾向があります。

自分勝手とまでは言い過ぎかもしれませんが、自分本位の優しさでしかないことに、気が付いていないからなのでしょう。

女性から恐怖を感じるほど尽くされた話なら、「いや~まいったよ!」などと武勇伝になるかもしれませんが、近年の婚活トラブルの凶悪性を考えると、女性はそういうわけにもいきません。

最初は小さなズレかもしれませんが、「ホレられて困っちゃう~」などと、のん気に女子会で自慢していると、取り返しのつかない、とんでもない結果が待ち受けているかもしれませんよ。

あまり慎重になり過ぎるのも良くありませんが、出会ったばかりのころの「ズレ」を見極めることは、自分自身の身を守るうえでも、とても大事なことなのです。

ツヴァイ(ZWEI)の口コミ、評判、体験談はこちら

楽天オーネットの口コミ、評判、体験談はこちら

パートナーエージェントの口コミ、評判、体験談はこちら