結婚相談所比較ガイド  > 結婚したいあなたへのプチ講座  >  初対面での会話と振舞い 【男性】

初対面での会話と振舞い 【男性】

初対面のとき女性は男性の振る舞いや会話、仕草からその男性の将来性を観ようとします。 守ってくれそうな人か? 楽しませてくれそうな人か? 常識をわきまえた人か? 誠実な人か? etc

優柔不断な言動や、自分で意思決定できない様子、臨機応変に対応できない頭の堅さは女性を不安にさせます。 男性のどっしりと構えた振る舞い、しっかりとした物の考え方に女性は確かな自信を感じ、惹かれるものなのです。

特に会話力はとても重要で、男性の嫌味のないボキャブラリーの多さに女性は尊敬の念をいだき、会話を楽しませてくれる聞き上手ぶりに、女性は居心地の良さを感じて好感を持ちます。

男性の第一印象で気になるところ

第一印象初対面で与える第一印象は後にあなたの人物像を作り上げる過程で非常に強く影響します。

つまり第一印象で不快感を与えてしまうと、その悪印象を払拭することが難しくなってくるのです。

ですから初対面では丁寧過ぎるほどの装いでちょうど良いものだと考えてください。

秋冬であれば黒の落ち着いたスーツ、春夏は爽やか感のあるグレーのスーツ、白かブルーで糊の利いたワイシャツに黄色・オレンジ系のレジメンタルなネクタイがアクセントになります。

公務員など職業そのものが堅いイメージならば、スーツよりも私服の方が与える印象はやわらかくなります。 キレイ目なジャケットにボタンダウンのワイシャツがよいでしょう。

服装

トレーナーにジーパンでは相手に失礼です。 適した洋服が無いのであればブランドものでなくても構いませんので新調しておきましょう。 服装に無頓着な男性はいずれにせよモテませんので必要な投資だと考えてください。

清潔感、笑顔、姿勢

初対面の数日前には散髪を済ませ、爪を切り、歯に染み着いたタバコのヤニを落とし、靴を磨き、清潔感を整えてください。 また、笑顔は安心感を与え好印象をもたらします。 ネコゼや貧乏ゆすりは相手に不快感を与えますので日ごろから直しましょう。

肩書きやルックスに頼る、見下した態度

イイ男とは自分の肩書きや経歴、ルックスに頼りません。 二枚目の外見や一流の肩書きがありながら三枚目を演じることのできる男は、何につけカッコよいものです。 また、肩書きやルックスが三枚目ながらも、ゆるぎない信念を持って生きている男性はそのギャップが女性を惹きつけます。

目を見て会話をしない、早口

会話をする際のあなたの視線は重要です。 きちんと相手の目を見て話し、ときどき 「スッ」 と視線を他にやる。 そんな仕草に女性はドキっとするものです。 早口な会話はセッカチ感を与え、余裕の無い男だと思わせてしまいます。

食事のマナーも重要です

食事のマナー女性は男性の食事をする姿から常識的なマナーの持ち主かどうかを判断します。

女性が敬遠するのは 食い散らかす、クチャクチャ音を立てる、食事中にヒジを付く、タバコを吸う、グラスを持つときに小指が立つなどのマナー違反のことで、なにも 「フォークとナイフを使いこなせるかどうか」 といったフランス料理におけるテーブルマナーレベルの話しではありません。

また、豪快な食べっぷりは頼もしさを与えますが、早食いは品の無さをアピールしてしまいます。

メニューを選ぶのも男性の役割です。 まずは女性の食べたいものを聞き、一緒に選び、テキパキとオーダーすること。 そして分からないことは知ったかぶりせず、ウエイターにスマートに質問することで男としての余裕を感じるものなのです。

初対面でしてほしくない会話

NGトーク「お父さんなにしてる人?」 「どういう家に住んでるの?」 といったような身辺調査と思われるような質問は相手に不快感を与えます。

 また、「何人くらい会ったの?」 「どんな人と会えたの?」  「なんで入会したの?」 などといったデリカシーの無い質問はもタブーです。

初対面では趣味や最近の出来事など、まずは当たり障りのない会話から始め、少しずつアプローチのとっかかりになるような情報を集めていくことがスマートな会話の秘訣です。

会話の具体的なやりとりのコツは「結婚できない人」 の共通点にアドバイスを書いていますので参考にしてください。