結婚相談所比較ガイド  > 結婚したいあなたへのプチ講座  >  男性が女性に求めているもの

男性が女性に求めているもの

一般論として男性は女性ほど結婚願望が強くありません。結婚するとお金も時間も自由が無くなるので、充分に自由を謳歌してからでも遅くないと考える傾向が男性にはあります。

終身雇用という社会システムが崩れて安定に対する保障が無くなった時代背景の中、「結婚」 とは1人の女性とその間に授かる子供を一生養っていくという大きなリスクを伴う決断なのです。

自由との引き換えである 「結婚」 を意識するとき、それは女性と居て ”安らげる、癒される” という幸せを感じたときです。 これは女性には無い独特の価値観です。

文句やワガママ、クチゴタエばかりする可愛げの無い女性や、素直じゃない女性の人生を託されるのはまっぴら御免だと男性は考えているのです。

華やかさのある女性はいつの時代も人気がある

華やかさ人気がある女性には共通点があります。 それは 「華やかさ」 です

男性は女性を選ぶとき、視覚から入りますので容姿を重視する傾向が強くいのです。

美人である必要はなく、写真から伝わってくる ”女性としての花” があるかどうかをいいます。 

洋服は白か淡いパステルカラー、肌は美白、メイクはナチュラル、そして笑顔、こういったところから男性は華やかさを感じるのです。 内外ともに女を磨くことは重要なのです。

男は外で戦い、家で癒されたい

癒し男性は職場で上司、部下、クライアント、成績、人事評価、出世競争など、さまざまな敵と日々戦っています。

 そして唯一の安住の地である 「家」 に帰って安らぎ、また明日からの活力をみなぎらせるのです。

それは心のオアシスでもあり、「安らぎ」 を感じることができなければそれは結婚相手の女性としてふさわしくないのだと男性は考えるのです。

男性が仕事で挫折した時、無条件で信じてあげる優しさが必要です。

仕事で重大な決断を迫られたとき、男性は殻にこもることがあります。 そのときに言葉を交わさずとも、ただひたすら ”無言の応援” をしてあげられる女性に男性は安らぎを感じるのです。

30代・未婚女性が敬遠されるワケ

30歳シングル最近では30歳になっても結婚していない女性を 「負け犬」 と表現するようですが、つまりはライフスタイルとしてそういう選択もあるのだと世間が認知してきた証だと私は考えています。

一方で男性は自分よりも年下の女性を希望します。 それは女性は年齢が高くなるにつれて柔軟でなくなってしまうという理由があるからです。 

分かりやすくいうと男性に求めるものは高くなる割に、自身は考えを曲げない頑固さが強くなるということです。

男性が若い女性を好むのはまぎれもない事実。 だからこそ30代の女性は客観的に自分を見つめ、視野の狭さや相手を受け入れる許容範囲の狭さを開放する努力が必要なのです。

プライドを傷つけない

プライド女性にとっての仕事と男性にとっての仕事には大きな違いがあります。 男性は仕事を通じて社会の中での自分の役割というものを実感しています。 

そして成し遂げてきた実績をたたえてほしいと考えています。

その男性のプライドを日々の会話でくすぐることのできる女性に、男性は飛びっきりな居心地の良さを感じ、心を開きます。

 逆に男性のプライドに関わる年収や役職、仕事について、土足で上がりこんできてはどうのこうのと批評する女性は拒絶されるのです。

男から見た 「女らしさ」 とは

料理男性は 「女らしい」 女性を好みます。その女らしさとは、小さい頃から見ている母親がモデルとなっているケースが多いのです。

つまり日ごろから自分の身を案じてくれ、面倒を見てくれる女性のことを 「女らしい」 と感じるのです。

風邪をひいたときの看病、ありものでササッと作る手料理 etc

「私、男っぽい性格なんだよね。」 とか 「料理って作ったことないんだ」 では、男性はガッカリしてしまうのが本音なのです。

こういう女性とは結婚したくない

「ごちそうさまでした」 が言えない

デートのときに男性が食事代を持つのは当然とばかりに振舞い、 「ごちそうさまでした」 と感謝しない女性は嫌われます。 食事をごちそうして感謝できないような女性は、毎月の給料を渡しても同じく 「ご苦労様でした」 の言葉が出ないと思うとゾッとするわけです。

指図する ・ 命令口調

あれしてこれしてと指図の多い女性は 「何様のつもりだ!」 と男性から敬遠されます。 何かしてほしいことがあるのならタイミングを見計らって丁寧な口調で頼むと受け入れてくれるものです。

男を立てることを知らない

男性の両親や同僚、友人の前で冗談でも男性のグチを言うような女性は男性から信頼されません。 如何なるときでも、その男性のお陰だと言える女性を男性は守ってやりたいと思うものです。

なんだかプレッシャーを感じる

会社での出世、子供の人数や進路、小遣いの取り決め、親の面倒、老後の設計など、交際時からまるで契約書を書かされるごとくキチキチと話しをされると男性は居心地の悪いプレッシャーを感じ、結婚をためらいます。

経済観念が弱い

明らかに分相応でない買い物、外食の多さなど経済観念が弱い女性に男性は家計を任せることはできません。 任される以上は家計簿をつけるのは当然のこと、生命保険の知識などは調べるくらいの姿勢は最低限必要です。

結婚相談所を利用する女性・男性の意識の違いは?

081.jpg 結婚相談所を利用する女性・男性には意識の違いが見られます。

前者は30代に突入すると急に焦り始める傾向があります。後者は40代に突入しても「まだいける」と考えている方が多いのです。

しかし、性別に関係なく結婚適齢期があるのは事実です。それは、男女を問わずに35歳と言われています。この年齢を過ぎてしまうと、あっという間に40歳・45歳と年齢を重ねることになります。

すると、チャンスは今よりも確実に少なくなります。 さらに、こうした状態で婚活していると、非常にストレスが溜まりやすいのです。時間を意識するので焦りが生じてしまうからです

焦りを感じ続けると、最悪のケースでは「うつ」になってしまいます。こうなると婚活どころではありません。

結婚はなぜ早いほうがいいのか?

子供を産むためには、早いほうが安全です。女性が男性よりも若い年齢で結婚を意識するのは、出産を考慮するからです。再婚目的の方が生涯のパートナーを見つける場合は、年齢はさほどこだわらないかもしれません。

しかし、初婚の男女の場合は、年齢にこだわるべきなのです。楽観主義でいることは悪くはありませんが、何も行動せずに楽観的でいることは結婚を遅くするデメリットしかありません。

30代後半に突入したら、ご縁に頼りすぎるのではなく、結婚相談所で婚活したほうがうまくいきます。

「大手結婚相談所・結婚相手紹介サービス」の利用意向者(是非利用したい+機会があれば利用したい)

konkatsu121127_01.jpg

男女ともに30代以上の利用意向率が高いことがわかります。

当サイト人気No.1! 信頼の結婚相談所

ツヴァイ ツヴァイ(ZWEI) オススメ度 ★★★★★

ツヴァイ

ツヴァイのプラン詳細情報を見る まずは資料請求(無料)

会員数が業界最大の結婚相談所

楽天オーネット 楽天オーネット オススメ度 ★★★★★

楽天オーネット


楽天オーネットのプラン詳細情報を見る 楽天オーネットへまずは資料請求(無料)

専任のコンシェルジュがしっかりサポート1:1の担当制です。

●多忙な自分の代わりに相手を選んでおいてほしい
●お付き合いが苦手、奥手 こんな方におすすめしたいです。

パートナーエージェント パートナーエージェント オススメ度 ★★★★

パートナーエージェント

ブライダルネットのプラン詳細情報を見る まずは資料請求(無料)